カテゴリ【愛】を表示

母上が教えてくれたがじゃ。憎しみからは何も生まれん。

他の名言も読む »

今日も誰かが誰かのせいにしてる。素直になればいいのに、仮面をかぶってる。

他の名言も読む »

最も身近な人を幸せにすることは最も難しいことであり、それ故に最も価値のあることである。
命短し恋せよ乙女。
みんなが好きなように生きていたら、世の中の秩序は保つことができない。

他の名言も読む »

愚痴で憂さ晴らしをするのは自分の問題点と向き合うことと逃げるのと同じ。

他の名言も読む »

仲間がいなければ、ここまで来られなかった。
人間てやだな 人が大嫌いさ ちっちゃな地球にひしめきあって やなやつばっかだから
恋は愛らしい花であり、友情は甘い果実である。

他の名言も読む »

何人にとっても、最も安全な隠れ家は自分の家庭である。
いかなる距離も血縁を断ち切らず、兄弟は永久に兄弟なり。いかなる激烈な無情も憤怒もこの磁石にまさることなし。
求められる前に忠告をするな。
愛は遠くにあろうとも、しかしいつも、そこにある。星の光のように、とこしえに遠く、また近くに。
一切の事を忘れて陶酔するのが愛人同士であるが、一切の事を知って喜ぶのが友人同士である。
我々の両親が我々において彼ら自身を愛するごとく、我々もまた、我々の子において我々自身を愛す。
友人とはあなたについて全てのことを知っていて、それにもかかわらずあなたを好んでいる人のことである。

他の名言も読む »

友情には確固たる決心が必要だ。さもないとあまりにも安易なものになるだろう。

他の名言も読む »

たいてい、女性のほうが悪い場合でも、金切り声をだすとたちまち女性の言い分が正当になります。
子供を父や母に結び付けていた絆は決して切れることはないけれど、それは緩むのである。

他の名言も読む »

結婚の問題は、なによりも生活の問題です。それはかならずしも愛を条件とはしません。

他の名言も読む »

女が愛する恋人におくる愛の誓いの言葉は、風の上か、急流の上に書かれているにちがいない。
老年は男女間の友情に最も適した時代である。
なぜなら彼らはその頃には、ちょうど男であり女であることを止めてしまったからである。

他の名言も読む »

友情と尊敬のどちらかを選ぶという問題になれば、私は後のほうを取る。
一人の父親は、百人の校長に優る。
全体は個人のために、個人は全体のために存在する。

他の名言も読む »

笑いと泣きの間の橋は、長くはなくて、ごく短いことがしばしばだ。
初恋と最後の恋のちがいを、ご存じ?初恋は、これが最後の恋だと思うし、最後の恋は、これこそ初恋だと思うもの。

他の名言も読む »

愛は最善のものである。

他の名言も読む »

あんまりひとりぼっちの人間は、しまいには病気になるもんだ。
若い男たちにとっては、女の噂をする以外になにも用事はないものだ。
どんなに思い焦がれているかをいえる人は、ほんの僅かしか愛していないのだ。
女はやわらかに心うつくしきなんよき。

他の名言も読む »

女にとって恋愛は、生涯の歴史である。男にとっては単なる挿話にすぎない。
この世の中に、人間ほど凶悪な動物はいない。オオカミは共食いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸飲みする。
些細なことでは男が女に譲歩し、大きなことでは男が頑張ってほしいと女は望むものである。
恋というものは心から心に至る最も短い道である。直線である。
人間はおべっかを使う動物である。

他の名言も読む »

自分を知るためには、他人を知らなければならない。

他の名言も読む »

最も困難なことは自分自身を知ることであり、最も容易なことは他人に忠告することである。

他の名言も読む »

相手の本音は自分に打ち明けたところではなく、打ち明けられなかったところにある。
もし人の悪口を言うならば、自分に返ってくることを予期せよ。
賢人の息子なら、馬鹿でも結婚せよ。馬鹿の息子なら、賢くとも結婚するな。

他の名言も読む »

友情は、決して二人だけの間のものではない。そこが恋愛と違うところである。
自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。

他の名言も読む »

君と一緒に陰口をきく者は、君の陰口もきくだろう。

他の名言も読む »

ひとつの物が多すぎるのは何の役にも立たない。

他の名言も読む »

人々は、たいがい無我夢中に急いで結婚するから、一生悔いることになる。

他の名言も読む »

真に愛することは、やがて真に理解することである。
朋友とは自己以外の自己をいう。
男というものは、自分の愛している女を憎み、そしてどうでもよい女を愛するものだ。

このページの先頭へ