カテゴリ【愛】を表示

人は誰でも種々様々な能力を持っているものなのに、どんな優れた能力があるかを知らずにいる場合が多い。

他の名言も読む »

益友を近づけ、損友を遠ざけ、己にへつらう者を友とすべからず。
理想の良人、理想の妻を得ようとするから失望するのだ。

他の名言も読む »

短い間だれかに夢中になるということはだれにでもある。しかし、長くひとりの人間を愛しつづけるということは、ほっといてできることではない。
奉仕は愛情の最高表現であり、愛は受けるよりも与えることを喜ぶ。

他の名言も読む »

ふたりが一体となって自分たちだけの歴史をつくっていくとき、その歴史が今度は逆に老年になって夫婦を支えるたしかな基盤になってくる。
漫才のネタはつきることがない。あとからあとから事件は起こり続ける。
そんな途切れなく起こり続ける悲劇を喜劇につくりかえることが、我々の運命だと思ってる。

他の名言も読む »

僕が成功すれば、社員も成功する。社員が成功すれば、僕も成功する。
これを大和魂と呼ぶのではないでしょうか?
夫婦は天地の如し。天は地を包み、地は天に抱かる故に夫は外を営み妻は内を調う。
一人居て喜ばば二人と思うべし。二人居て喜ばば三人と思うべし。
人の情の感ずること、恋にまさるはなし。

他の名言も読む »

どんなに苦労しても、共に白髪までがんばれ。
男性操縦の最高の秘訣は、男のセンチメンタリズムをギュッとにぎることだ。

他の名言も読む »

男子は結婚によって女子の賢を知り、女子は結婚によって男子の愚を知る。

他の名言も読む »

信の一字を忘れし人は友ともする事なかれ。夫婦となりてもたのもしからず。
寒い晩だな。寒い晩です。妻のナグサメとは正に斬の如きもの也。

他の名言も読む »

幸福な結婚とはいつでも離婚できる状態ででありながら、離婚したくない状況である。
結婚は恋愛時代にはない要素を、それも素晴らしい要素をつけ加えてくれるのが、それに伴う犠牲も要求するのである。
結婚の理想は互いに相手を束縛することなしに、しかも緊密に結びついていることだ。

他の名言も読む »

結婚というのは、男にとっても、女にとっても、真の大人の人間に脱皮するための学びのプロセスだと思うことがあります。
笑顔でいれば好かれるし、怒ってばかりいたらキラわれる。それだけなんだよ。

他の名言も読む »

牛乳を飲む人より牛乳を配る人の方がよっぽど丈夫だ

他の名言も読む »

いまの人は、みんな、「何かしなければ」と思いすぎる。
男と女で編む一目一目が生きるということで、そのほかはおおむねなしいことを、人は忘れがちだ。
男が女を選び、女が男を選ぶことの中には、選んだその人の全人格が現れている。
夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。

他の名言も読む »

家の美風その箇条は様々なる中にも、最も大切なるは家族団らん、相互にかくすことなき一時なり。

他の名言も読む »

朝夕の食事はうまからずともほめて食うべし。
愛は決して”大舟”ではない。絶えず危機を孕んだ”子舟”でしかないのだ。

他の名言も読む »

愛に住すれば人生に意義あり。
愛を離るれば人生は無意義なり。

他の名言も読む »

愛することは愛されることよりも百倍も尊いし、愛の本質はあくまで、愛することにある。

他の名言も読む »

欠点は常に裏から見た長所である。

他の名言も読む »

サッカーしか知らない人間にはなりたくない。いつも好奇心を持っていたい。

他の名言も読む »

世の中はかしこきものにて、又だましやすく候。

他の名言も読む »

世にしたがへば、身、くるし。したがはねば、狂せるに似たり。

他の名言も読む »

よしあしの人にはあらで我にあり形直うて影もまがらず。

他の名言も読む »

ものいへば唇寒し秋の風

他の名言も読む »

身を修むるときは、道立つ、賢を尊ぶときは惑わず。
水いたって清ければ底に魚すまず、人いたって賢なれば内に友なし。
ほめらるるもの、四十五日に過ぎず。そしらるるもの、また四十五日に過ぎず。
人の心は花に以て、移ろい易く浅ましく、しどけなきこそ侍(たの)みなれ。
人にお世辞を云うのは、云う人が考えるほど効果的ではない。

他の名言も読む »

人と人との間柄は、信用し、信用されて、各々の職能のはたらきがある。
ひとが/
ひとでなくなるのは/
自分を愛することを/
やめるときだ

他の名言も読む »

花の色もとうかんなきも世の中にこく見えぬればうつろいにけり。

他の名言も読む »

人間関係というのは、相手との距離さえ置けばうまくいく。もめるのはその距離を越えようとするからだ。
人を育てる一番いい薬というのは、「お前は天才だ」という一言なんです。

他の名言も読む »

にくきもの、急ぐことある折りに来て長言する客人(まろうど)。

他の名言も読む »

何事も談合すれば面白きことあるぞ。
友はその所長を友とすべし。

このページの先頭へ