カテゴリ【愛】を表示

ずっとずっと君のそばで 誰よりも近いこの場所で
何よりも強い気持ちで 僕は君を守り続ける
私は今 貴方への愛だけに笑って 泣いてる。
気づいた時はいつのまにか 君のことばかり話してた
会いたくて泣くの 初めて 好きすぎて切ないの 初めて
愛とは決して後悔しないこと
並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。
たったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなんて。
どちらがより不幸かを秤にかけて、それで勝ったって嬉しくないよ。
言葉の幹と根は、沈黙である。
盲導犬は目の見えない人を助けるのに、どうして目の見えない犬を人間が助けちゃいけないの?
じゃあ何故皆、競いあうように頑張っていない自分をアピールするのか。
人がこの世で生きてゆくことは生き方も考え方もちがう他人と、
ともにすごしてゆくことであり善悪だけではかたづけられないものを、しのぎ、のりこえてゆかねばならない。
むしろその処方に善悪をあらわすべきではないか。
人間というのはどうしてこうもつまらないことに差異を見出して、優越感を覚えようとするのだ。
恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、そこで初めて味がつくような気がするね。
信頼は、年を重ねた胸の中でゆっくりと育つ植物である。

他の名言も読む »

友達って言うのは、作るんじゃなくてなっているものだと思うな
真の友情はゆっくり成長する植物である。
友情と呼ぶにふさわしいところまで成長するには、度重なる危機にも耐え抜かねばならない。

他の名言も読む »

何故亡くしてから気づくんだろう。今は亡き人にしてあげられたことを。
黄金は熱い炉の中で試され、友情は逆境の中で試される。
自分を好きだと言ってみたい。誰かを好きだと言ってみたい。心から
愛してるとは何回も言ったけど、ありがとうとは言った事がなかった。
笑うときは世界と一緒でも泣くときはお前一人
子供の顔を見たくない親なんて、いるもんですか!
家族はさ、つくるのは大変だけど、その分めったになくならないからさ
女はたとえ百人の男にだまされても、百一人目の男を愛するだろう。

他の名言も読む »

黄金というものは、不美人を美人に染めあげる。
「人生最良の時は結婚式の日だった」「最悪の時は?」「それ以後の毎日」
俺達のまわりには二種類の人間がいる。敵か味方だ
「最近は親しい友人にもだまされる」 「それが友人というものだ」
中傷は奇妙な掟を有するところの悪徳である。それを殺そうとすれぼ生きるが、放っておげば自然死する。
ヒトは、一時的な生存のための機械にすぎない。だれか別の相手のためにプログラムされた、ロボットのような乗り物なんだ。
恋人のいる人間に友情を注ごうとすることは、喉の乾いている人間にパンを与えようとするようなものだ。

他の名言も読む »

多分どんな人だって人として 人なりに人だから ルールはルール ふたりだけの間にも 欠かせないものでしょ

他の名言も読む »

誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。
誰かに「ダメだ」と言われたとしても、それは最初の一歩にすぎない。習得しなければならないのは、その「ダメだ」と言うことばに打ち勝つことだ。
本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。

他の名言も読む »

わたしの恋人は へんてこで、 だれてもいいと いわないんだけど みんなは いいところを しらないだけ
人間も虫も、 生命の重さについてはおなじ…
自分の人生も他人の人生も大切にしてほしい
非行少年は不幸少年でもある
今日、若い女性たちの間で身につく欠点は、彼女らがあまりにも財産に対していだいている憧憬の念よりも、むしろ財産を持っていることを見栄にする、という悪趣味にある。

他の名言も読む »

生娘の一番いけない所は、鼠にもキャッと悲鳴をあげるくせに、狼には笑いかけたりする事なんですよ。
我々は、我々の幸福を我々の外部、他人の評判のうちに求める。他人はみな軽薄かつ不公平で、嫉妬、気まぐれ、偏見に満ちていることを百も承知なのに、だ。

他の名言も読む »

幸福の最も大きな障害は、過大な幸福を期待する事である。

他の名言も読む »

犠牲をはらう相手があるのはうれしいことだ。
競争心で、がんばる効力よりも、分かち合い、助け合う方が、その効力は何十倍にもなります。
分かち合うと、うれしさは倍になり、悲しさは半分になります。
助け合うと、何倍もの「幸せ」が生み出されます。
分かち合い、助け合って、上手に生きましょう。

他の名言も読む »

いつまでも、好き嫌いだけで人間関係を考えていては、幅の広い柔軟な感性は養えない。
嫌いだろうが、性格が合わなかろうが、その人と自分との違いを発見し、異なった人生を学ぶ姿勢でのぞめば、かえって相手の良さも見えてきて、自分も成長していくのである。
君は何を美しいと思う?
木よ。
木か。だったら、君は木に似てる。
友人らしくみえる人々は、おおかた友人にあらず、
かく見えぬ人がおおむね友人なり

他の名言も読む »

人はひとりの友人を見出せなかったので、数人の友を持って自らを慰めている

他の名言も読む »

このページの先頭へ