カテゴリ【エンタメ】を表示

魔法で作ったんじゃ、何にもならないからね。
子供はみんな金色の輝きを持っている、金色のままでいろよ、夕日を見るたびに
人の幸せは、命の長さではないのです。
死の恐怖に直面したときに「命」の尊さが分かる。
今日一日を精一杯生きようよ。生きていればさ、きっといいことあるからさ。
お前も麦のようになれ。踏まれても踏まれても、たくましい芽を出す麦になれ
一つの命を救える人は、世界も救える。
銃が人を殺すんじゃない。退屈が人を殺すんだ
人は後ろ向きにしか歩いていけないんだよね。見えているのはいつだって自分が歩いてきた道程ばかり。
左の道に進んで初めて、右にも道があったことを知るんだ
待ってても起こらないんだろ、奇跡って。だから俺たちで起こそうぜ、奇跡。
人間は何故自分の似姿を造りたがるのか

他の名言も読む »

天下をとることは、そんなに大切なことでしょうか。

他の名言も読む »

盲導犬は目の見えない人を助けるのに、どうして目の見えない犬を人間が助けちゃいけないの?
この世界は不完全だ。だから、美しい。
世間を捨てれば心細い。
糸の切れた風船のような気持ちになる。
その時、同行二人という言葉が心強い。
面白いな。どこに座っているかによって、物事は見え方が違うからな。

他の名言も読む »

物事には見えないものがある。
それこそが一番重要かもしれない。
目に見えないものを見ようとする前に目の前の人を見てあげてくださいませんか。
友達って言うのは、作るんじゃなくてなっているものだと思うな
大人になるほど泣きたくなることばかりだと知らなかった
何故亡くしてから気づくんだろう。今は亡き人にしてあげられたことを。
目先のうまみに飛びついて、深く理解もせずにやったことが
結果、他人を傷つけることがあるんだ…他人じゃなく、「自分」も
国家ぐるみの犯罪は罪にならんのだぞい!
努力しても一流になれるかなんて分からない。…でも、努力しないで一流になった人なんていない
自分を好きだと言ってみたい。誰かを好きだと言ってみたい。心から
人は弱いものだ。辛い思い出は早く忘れようとする。けれど、美しい記憶はいつまでも心に残るだろう?
愛するものを「無かったこと」にしてはいけない。
女の道は、前へ進むしかない。引返すのは恥でございます
神様なんて居ないよ。幸運な人間と、そうじゃない人間が居るだけなんだ。
愛してるとは何回も言ったけど、ありがとうとは言った事がなかった。
笑うときは世界と一緒でも泣くときはお前一人
子供の顔を見たくない親なんて、いるもんですか!
家族はさ、つくるのは大変だけど、その分めったになくならないからさ
過去を甦らせるのではなく、未来に期待するだけではなく、現在を響かせなければならない
運命というのは 努力した人に 偶然という橋を架けてくれる
死ぬ覚悟ができていれば、人生が変わる
「人生最良の時は結婚式の日だった」「最悪の時は?」「それ以後の毎日」
俺達のまわりには二種類の人間がいる。敵か味方だ
「最近は親しい友人にもだまされる」 「それが友人というものだ」
過去は安い本と同じ。読んだら捨ててしまえばいい。
僕は本を買うとまず結末を読む。読みおえる前に死ぬと困るから。
今日という日は、残りの人生の最初の一日。
多分どんな人だって人として 人なりに人だから ルールはルール ふたりだけの間にも 欠かせないものでしょ

他の名言も読む »

誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい。
本気で忘れるくらいなら 泣けるほど愛したりしない
人間も虫も、 生命の重さについてはおなじ…
夢をみることが出来なければ、未来を変えることは出来ません。

他の名言も読む »

いつまでも、好き嫌いだけで人間関係を考えていては、幅の広い柔軟な感性は養えない。
嫌いだろうが、性格が合わなかろうが、その人と自分との違いを発見し、異なった人生を学ぶ姿勢でのぞめば、かえって相手の良さも見えてきて、自分も成長していくのである。
終わりがあるからこそ美しい。「今」は二度とない。
君は何を美しいと思う?
木よ。
木か。だったら、君は木に似てる。
無駄とも思える努力の積み重ねが、「美しさ」を維持する。

他の名言も読む »

このページの先頭へ