カテゴリ【人生】を表示

母上が教えてくれたがじゃ。憎しみからは何も生まれん。

他の名言も読む »

どの道を行くかは、あなたがどこに行きたいかによります。
人生一世の間は白駒の隙を通るが如し。
今日も誰かが誰かのせいにしてる。素直になればいいのに、仮面をかぶってる。

他の名言も読む »

仕方ないでしょ?世界は残酷なんだから。

他の名言も読む »

人間である以上、過ちはあるのです。
百万一心。
波は色んなところにたちます。
花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに。
人間の運命の大きな改善は、彼らの考え方の根本的な構成に大きな変化が生じない限り、絶対に不可能である。
僕は平和が怖い。何よりも怖い… 地獄を隠しているような気がしてね。
我々は、大人も子供も、利口も馬鹿も、貧欲も富者も、死においてはすべて平等である。

他の名言も読む »

がんばるのは人としての最低条件
人は答えを得たときに 成長するのではなく、 疑問を持つことができたときに 成長する。
人間てやだな 人が大嫌いさ ちっちゃな地球にひしめきあって やなやつばっかだから
人は、現実に耐えることができる。しかし、絶え間ない憂鬱にはもろいものです。
この世のもので最も公平に配分されているのは良識である。
それは、あなたが決めることです。

他の名言も読む »

全てをポジティブにとらえる

他の名言も読む »

逆らえないときもあるが、戦うときもある
政府は人間の欲望を満足させる知恵の案出物である。

他の名言も読む »

偉くなったらバカになる修行をせよ。

他の名言も読む »

ときとして勇気は、征服者の心さえ動かす。
平和にもすっかり慣れてしまうと すぐに愚かな者が増え始めてくる…人間とはそういうものだ…
人は、海辺の美しい貝がらを、すべて集めることはできない。
相反するものが一致し、不調和なものが最も美しい調和を作る。
良書とは期待をもって開き、得るところあって閉じる書籍である。
女がいなかったら、男は荒々しく粗野で孤独であろう。そして優雅というものを知らないであろう。
人生に疲れたという人がいたら、それは人生のほうがその人間に疲れたのだと思えば間違いはない。
決定をあせってはならない。ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。
私の愛人は人類である。
人生一度きり。

他の名言も読む »

他人と比較しても良い事はほとんどない。

他の名言も読む »

言うべき時を知る人は、黙すべきときを知る
慎みのない言葉は弁護の余地をも与えない。なぜなら品位の欠如は意味の欠如であるから。
女の口から出る「いいえ」は、否定ではない。
求められる前に忠告をするな。
葉巻をくゆらす者で、自殺した者はいない。
どんな貞節な女でも、何かしら決して貞節でないものを自分のうちに持っている。

他の名言も読む »

心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり、犠牲を云々するときには、それだけもう真の愛ではなくなる。
自分自身をあざむくほど容易なことはない。なぜなら、我々の欲するところのものを、我々はいつでも信じようと心構えているからである。
ひとつの嘘をつくものは、自分がどんな重荷を背負い込んだのかにめったに気がつかない。
我々が人間の心に発見する最初にして、もっとも単純な感情は好奇心である。
友情には確固たる決心が必要だ。さもないとあまりにも安易なものになるだろう。

他の名言も読む »

たとえあなたが何をしていようとも、それをしている自分を愛せ。
誰も称賛してくれる者がいなくても自分のことは自身で称えよ。
自分しか歩けない道を自分で探しながらマイペースで歩け。
結婚の問題は、なによりも生活の問題です。それはかならずしも愛を条件とはしません。

他の名言も読む »

女は、苦しむ女を見るのが好き
人の長短は見易く、おのれの是非は知り難し。

このページの先頭へ