カテゴリ【生きる】を表示

天がわしをもう五年間だけ生かしておいてくれたら、私は真の画家になれただろうに。
ついにゆく道とはかねて知りながら、昨日今日とは思わざりしを。
死を願望する者は惨めであるが、死を怖れる者はもっと惨めである。
人間のもつ死の恐怖はすべて自然に対する認識の欠如に由来している。
あらゆる生あるものの目指すところは死である。

他の名言も読む »

仲間なんて楽しくてどうでもいい時間を一緒に過ごすだけのお友達。本当に辛いときは味方になってくれないんだよ。

他の名言も読む »

友情と尊敬のどちらかを選ぶという問題になれば、私は後のほうを取る。
トラブルとは、作業着をまとったチャンスに過ぎない。
孤独は厚い外套である。しかも、心はその下でこごえている。
私にできないと言うな。
私は力も小宇宙も生き様も まだ貴様の前で出し切ったつもりはない!

他の名言も読む »

一人の父親は、百人の校長に優る。
全体は個人のために、個人は全体のために存在する。

他の名言も読む »

一度、愛されてしまえば、愛してしまえば、もう忘れることなど出来ないんだよ。

他の名言も読む »

こうなったら最後まで突っ走ってみろ。暴走か逆走かしらねぇけど。
笑いと泣きの間の橋は、長くはなくて、ごく短いことがしばしばだ。
初恋と最後の恋のちがいを、ご存じ?初恋は、これが最後の恋だと思うし、最後の恋は、これこそ初恋だと思うもの。

他の名言も読む »

成功の確率を倍にしたければ、失敗の確率も倍にすることだ。
かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。

他の名言も読む »

自由は、責任ある個人だけが主張できる。

他の名言も読む »

幸福というチョウザメは、臆病の網ではけっして捕らえられない。

他の名言も読む »

人生は自分でつくるもの。遅いということはない。
夢見たものは、一つの幸福。願ったものは、一つの愛。
雄弁は人格
愛は最善のものである。

他の名言も読む »

あんまりひとりぼっちの人間は、しまいには病気になるもんだ。
若い男たちにとっては、女の噂をする以外になにも用事はないものだ。
地球は青かった。
どんなに思い焦がれているかをいえる人は、ほんの僅かしか愛していないのだ。
嫉妬は男においては弱さであるが、女にあっては一つの強さである。
女はやわらかに心うつくしきなんよき。

他の名言も読む »

財宝も地位も愛に比すれば塵芥の如し

他の名言も読む »

女にとって恋愛は、生涯の歴史である。男にとっては単なる挿話にすぎない。
この世の中に、人間ほど凶悪な動物はいない。オオカミは共食いをしないが、人間は人間を生きながらにして丸飲みする。
人間の力量いっぱいの月給を取ると弱くなるよ、況んやそれ以上を取るに及んでは大抵のものが墜落する。
一度に多くのことをしようとするのは、一度に全てを駄目にすることである。

他の名言も読む »

愛は喪失であり、断念である。愛は全てを人に与えてしまったときに、もっとも富んでいる。
人が天から心をさずかっているのは愛するためである。
見たがらない人間ほど、ひどい盲人はいない。

他の名言も読む »

学問は興味から、もしくは好奇心からはいったものがもっとも根強い。
なんらの証拠はなくても、自分の好まないものであり、それに賛成しないものであれば、それに賛成しなくてもいい。
些細なことでは男が女に譲歩し、大きなことでは男が頑張ってほしいと女は望むものである。
恋というものは心から心に至る最も短い道である。直線である。
嫉妬深い男は常に自分の探す以上のものを見つける。
希望により生きる者は飢えて死ぬ

他の名言も読む »

笑っている顔は殴れない

他の名言も読む »

自分自身に対していだく憎しみこそ、おそらく、許しのない唯一のものだろう。
太陽はひとりで沈む

他の名言も読む »

いつまで描けば完成なのか。完成なんてあるのか。

他の名言も読む »

まあ、もうちょっと、行ってみようやないか。ほんとうに未知なものにむかって進むとき、人はそんなふうに自分に対して言うほかはない。

他の名言も読む »

このページの先頭へ