与謝野晶子の名言

厭々する労働はかえって人を老衰に導くが、事故の生命の表現として自主的にする労働は、その生命を健康にする。

人間は何事にせよ、自己に適した一能一芸に深く達してさえおればよろしい。
特別に女子のためとして作られた書物は、全て女子を低能児たらしめる劣等の書である。
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生元気苦難

前の名言 、次の名言

与謝野晶子をAmazonで探す »
与謝野晶子を楽天で見る »

このページの先頭へ