浜崎あゆみの名言

一体何の為に自分を恥じたりして ねぇその先には何があるの
僕はまっすぐすぎてすぐにぶつかる君のその歩き方がとても好きだけど

思い出なんて いつも都合のいい様に蘇るじゃない
どう見られるって 何言われるって そんな事はどうでもよくって 心隠さずにいられる大事な人が必要だけどねまず
人間(ヒト)はね儚く だけどね強いモノ
今日がとても悲しくて 明日もしも泣いていても そんな日々もあったねと 笑える日がくるだろう
自分よりも不幸なヒトを見ては少し慰められ 自分よりも幸せなヒト見つけたなら 急に焦ってる
生きるってのは常に自分の手で選択をし続けること
年をとっただけの子供も大人と言うべきものなのかな
もしも別の誰かに生まれ変わっても 君を探す旅にでるから
君のことを思ってだとか言っちゃって ただ自分の意見を人に押しつけて
何だか良いことした様な顔をして 自己満足したいだけのそこの人
どんな巧みにデコレーションしたって 本音が見え透いてるわ
どう見られてるかなんて 重要じゃないの
守りたいのは どうあるべきか
今日の君が たとえどんなにカッコ悪くて なんだかんだとへこんでも悔やんでも
陽はまた昇る
どうにでもいい人に何をされても怒らないし気にしない。
大事な人にしか怒らないし怒る時も凄く真剣。
自分らしく生きる事で傷ついても、一度きりの人生をなくして生きるより、私らしくありたい。
あなたを振ったその人は、運命の人に会うための案内人。
君が最後の人だと思った。君と最後の恋をしたかった。
お決まりのつまんないルール。押しつけられたくない。
犠牲者面して、逃げてる場合じゃない。
当たり前の様にいつもあると思っているのは決して、在って当然なんかじゃないんだって。
僕たちは表面だけ繕って、死んだような顔を隠して生きるため生まれてきたわけじゃない。
多くを語りすぎてしまえば、真実はぼやけてしまう。
ねえちょっと微笑んで、言葉を交わしただけ。そんなんでまるで全てわかったような気になってるそこの人、大きな間違い。
強がる程に弱さが見えるよ。牙を剥く程痛みが見えるよ。
人間がもし、ないものばかりをねだる生き物だとしたら、ああ僕たちが本当に欲しい物は一体何だろう
もし 完璧なメロディがあるなら、あたしはまだ出会いたくない
首を縦にしか振らない群れなして、大きな声でペラペラの薄っぺらい演説大会。
与えられるだけが喜びじゃない。
俯いたなら立ち止まればいい。進むべきではないという合図なんだろう。
傷つかないようにと強がる事、それだけで自分を守っていたアイツはうまく笑えるようになったかな
同じ痛みを知って、同じ優しさをもちよった。明日を生きていける強さに変えてゆけたなら、きっと。
大切だったのは、目を合わせることで、交わす言葉の数じゃなかった。
何度痛い目にあっても負けたりしないわ
昨日の後悔先に立たずよ 勝った自慢は負けた後悔よ
今をめいいっぱい 楽しんで過ごす事より大切なことってなに?
本音をぶつけあえるような 友は居てくれるかな?
もしかしたらさ シアワセなんてほんの一握りしかなくて そのほとんどはツライとかって感じることばかりかも だけどねその一握りのあったかいやつのために 鼻水とかたらしてさ 這いつくばってるんだよ
人は誰でもひとつやふたつ 忘れてしまいたい事があるね だけど忘れてしまえないのは忘れちゃいけない痛みだから
自分のことを好きでいられたのはいつが最後だった?自分のことを恨むようになったアタシは大人になった?
今日も一日ありがとう その笑顔に助けられた 今日も一日ありがとう そうしてそこに居てくれて
長いとは言えない人生の中で どれだけ心の底から笑えたかどうかだよ
親切そうなあの人々は本当は何を知りたいのだろう。優しげな目の奥に鋭い好奇という名のナイフ隠して
生きてくことはこんなに尊い。生きてくことはこんなに儚い。
ここにある現実もその先にある未来も誰のせいでもないから。
優しい嘘だなんていらないからせめて嘘なら本当の嘘ついてみせて。
ありのままでいられる事の心地よさ知らなかった。
夢に見た幸せはつかむまでが一番いい。手に入れてしまえば今度は失う怖さ襲うから。
僕はもう悔やまないよ。心がいくら悲鳴あげても。
キミが諦めようとしてる今日って日は、どこかの誰かが諦めたくなかった明日。
眺めているだけじゃ君の物にはならない。
強くなりたいと願ったのは、痛みに鈍くなる為じゃない。
時間なんてものはとても、時として残酷で、でもその残酷さゆえに今が創れられて。
乗り越えられそうにない痛みならば、共に分け合い歩いていこうか。
飛び方忘れた鳥はいつか、もう一度羽ばたけるだろう。僕が歩き出せたように。
本当に大切で必要なモノなんて、ほんのちょっとだけで、後は大抵飾りだった。
他人は面白おかしく笑うでしょう。こんな私達を。どんな人が訳知り顔して語ったとしても、そう二人のことは二人しか解らない。
逢いたいのは今でも君のこと愛しているから でももう二度と逢えないのは 誰よりも愛しているから
現在はいつでも不安定だから 変化し続けるばかり
もしも君が望むなら悪魔にでもなれるさ もしも君が望むなら天使などいらない
百億回以上は聞いたわ もっと叩いてから渡れって 叩くヒマとかあるなら渡っちゃうわ
結局なんだかんだ言ったって最後は 笑ったもんが勝ちってそれは変わらない ねえ だったらなんでいつまでそうやって そこでくすぶってるの
タグ: , , , , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生人間関係元気歌手・女優・俳優苦難

前の名言 、次の名言

浜崎あゆみをAmazonで探す »
浜崎あゆみを楽天で見る »

このページの先頭へ