ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンの名言

すぐれた人間の大きな特徴は、不幸で、苦しい境遇にじっと耐え忍ぶこと。

勇気、からだがどんなに弱っていようとも精神で打ち克ってみせよう。二十五歳、それは男たるすべてが決まる年だ、悔いをのこしてはならぬ
苦難の時に動揺しないこと。これは真に賞讃すべき卓越した人物の証拠である。
憎しみは、それをいだいた人間のうえにはねかえってくる。
苦悩を通して、歓喜に至れ。
天国では、耳が聞こえるようになっていて欲しいな
もしも美しい睫毛の下に涙がたまったら、あふれ出ないように、強い勇気でこらえるべきだ。
常に行為の動機のみを重んじて、帰省する結果を思うな。報酬への期待を行為のバネとする人々の一人になるな。
タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生職場苦難

前の名言 、次の名言

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンをAmazonで探す »
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンを楽天で見る »

このページの先頭へ