セバスチャン・シャンフォールの名言

立派な身なりの愚か者がいるように、見かけは立派な愚行がある。

自惚れは苦しみの源泉である。自惚れが消えたときから、人生の幸福な時期が始まる。
恋する男は、自分の実際の値打ち以上に女から愛されているかのように振舞う男のことである。だから、全ての恋する男は、笑いものになる。
タグ: , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生

前の名言 、次の名言

セバスチャン・シャンフォールをAmazonで探す »
セバスチャン・シャンフォールを楽天で見る »

このページの先頭へ