デール・カーネギーの名言

気にする必要もなく、忘れてもよい小事で心を乱してはならない。
「小事にこだわるには人生はあまりにも短い。」

起こりうる最悪の事態を直視しよう。
最善をつくそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。
おれは底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。これからは上へ行くだけだ。
この問題の焦点は、物事をつきつめて考え過ぎないことだ。くだらない悩みは笑いで吹っ飛ばそう。笑って悩みを追っ払うことは決して不可能ではない。
時間が多くのことを解決してくれる。あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない。
誰かに何かさせるには、相手の欲しがるものを与えるしかない。
どんな馬鹿でも批判したり、非難や不平を言うことはできる。そして、大抵の馬鹿はそうするのだ。
もし何かを恐れているなら、他の人々もあなたと同様、何かに対して恐怖心を持ったことを思い出していただきたい。
大抵の者は、自分でも思いがけないほどすばらしい勇気を持っている
我々はお互いに尊重しあうべきだ。どのみち誰も大した人間ではないのだから。
もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。
自分は有用な材であるという自信ほど、その人にとって有益なことはない。
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生人間関係職場

前の名言 、次の名言

デール・カーネギーをAmazonで探す »
デール・カーネギーを楽天で見る »

このページの先頭へ