ヘルマン・ヘッセの名言

日の輝きと暴風雨とは、同じ空の違った表情にすぎない。運命は、甘いものにせよ、にがいものにせよ、好ましい糧として役立てよう。

はかなさがなければ、美しいものはない。美と死、歓喜と無常とは、互いに求め合い、制約し合っている。
名人にとっての本当の天職は、自分自身に達するというただ一事あるのみだ。
愛されることは幸福ではなく、愛することこそ幸福だ。
過ちも失敗も多かった。だが、後悔する余地はない。
我々がある人間を憎む場合、我々は彼の姿を借りて、我々の内部にある何者かを憎んでいるのである。
地上には多くの道がある。けれど、最後の一歩は自分一人で歩かねばならない。
目的のない生活は味気なく、目的のある生活は煩わしい。
自分の道を進む人は、誰でも英雄です。
生きるということは孤独であるということだ。 どんな人も他人を知らず、だれもかれも皆ひとりだ。
愛は、私達を幸福にするためにあるのではなく、私達が悩みと忍耐においてどれほど強くあり得るかを示すためにある。
人は、自分自身のために生きるより、他人のために生きるほうが、満足が大きいのだ。
人生を明るいと思う時も、暗いと思う時も、私は決して人生をののしるまい。
運命を外から受け入れるような人は、運命に殺される。野生のけだものが矢に殺されるように。
タグ: , , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生

前の名言 、次の名言

ヘルマン・ヘッセをAmazonで探す »
ヘルマン・ヘッセを楽天で見る »

このページの先頭へ