倉田百三の名言

誰も一生に一度は恋をするものだ。人間の一生の旅の途中にある関所のやうなものだよ。

われわれは恋愛において、その恋愛のなかに運命を見るときに初めて夫たらんと決意する。
優しいのは性格が弱いからだ。私はそれに打ち克たねばならない。醜いことにも耐える強い心にならねばならない。
たとえ遊女でも純粋な恋をすれば、その恋は無垢な清いものです。世の中には卑しい、汚れた恋をするお嬢さんがいくらあるか知れません。
他人の運命を自分の問題とするときにのみ真の愛はあると思います
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生元気結婚

前の名言 、次の名言

倉田百三をAmazonで探す »
倉田百三を楽天で見る »

このページの先頭へ