鴨長明の名言

世にしたがへば、身、くるし。したがはねば、狂せるに似たり。

大方人の心は、野の草の風に随ふが如し。
ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。
有り余るほど自由な時間のある人間は、たいてい悪いことを考えるものである。スピノザ
つねにはたらくは犠牲なるべし。
タグ: , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人間関係

前の名言 、次の名言

鴨長明をAmazonで探す »
鴨長明を楽天で見る »

このページの先頭へ