亀井勝一郎の名言

理想の良人、理想の妻を得ようとするから失望するのだ。

恋とは巨大な矛盾であります。それなくしては生きられず、しかもそれによって傷つく。
こんにちの若い男性は教養程度が低くなったので、目立つものにしか心をひかれない。
発見する能力を失ったのだ。女性もまた教養程度が低くなったので目立つようにしか化粧をしない。
女性が弱いというのは嘘である。世の中に何が強いと言って、無神経な事ほど強いことはない。
愛情がこもっていて無口な人こそ、人生の伴侶としてふさわしい。
恋の味を痛烈に味わいたいならば、 それは片思いか失恋する以外にないだろう。
人生は悪意にみちたものかもしれないが、どんな人間のうちにも一片の善意はひそんでいるものだ。
人は後姿について全く無意識だ。そして何気なくそこに全自己をあらわすものだ。後姿は悲しいものである。
タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生結婚

前の名言 、次の名言

亀井勝一郎をAmazonで探す »
亀井勝一郎を楽天で見る »

このページの先頭へ