熊谷正寿の名言

私たちに起こる問題は、すべて
「ちょっとの努力が必要な」
問題ばかりです。

そのちょっとの努力を
するかしないかの違いが、
人の能力の大きな差として
出てくるのです。

皮肉を言われても「ご指摘、感謝します」。ウソをつかれても、「私を傷つけまいとの気遣い、感謝します」
人生有限。一日も早く夢を見つけ一日も早く行動しよう。
行き先が決まっていなければ、どこに向かえばいいのか、どれくらい進めばいいのか、わからなくても当然だ。だからまず、人生の夢や目標を決めよう。
頭の中で考えるだけではモヤモヤしてはっきりしなかった夢も、文字にすることで目に見えるカタチになり、自分自身に対する強力な応援メッセージに変身しました。
目標や意思なきところに、行動はない。
「夢を持ちましょう」と言うと、いきなり「結果レベル」だけを見てしまいがちですが、それはいけません。
「後悔する人生」を考えると、いやでもその逆をいこうとする思いが強くなります。
理想の上司など追い求めてはいけないのです。欠点を発見しては失望することを繰り返しても、自分自身が腐っていくだけ。
失敗体験を自分のなかで反芻するような反省の仕方は好きではありません。気持ちがネガティブになって、失敗パターンが体に染み付いてしまいそうだからです。
感謝の気持ちは心のあり方を変えます。出会うすべての人とともに、いい人生を生きる力になります。感謝の気持ちを持つことは、確固たる成功の礎となるのです。
「いつか」と「お化け」は現実になった試しがないのです。
大いに悩んでいいのです。悩めば悩むほど、間違いなく夢に近づくことができます。
記憶に限界があることを知りながら、なおも記憶に頼るのは危険だと思いませんか。
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生成功職場

前の名言 、次の名言

熊谷正寿をAmazonで探す »
熊谷正寿を楽天で見る »

このページの先頭へ