ミゲル・デ・セルバンテスの名言

家柄ってのは、世界にたった二つしかない。
持てると持たざると、どっちかだ。

好運はそれが失われるまでは知られない。
真の勇気というものは、極端な臆病と向うみずの中間にいる。
裸で私はこの世にきた。裸で私はこの世から出ていかねばならないのだ。
眠りは人間の思いをすべて覆うマントである。眠りを発明した人に幸あれ。
我々は臨機応変に行動せねばならない。
生命のあるかぎり希望はあるものだ。
今日は今日だけの事を考えるにとどめ、いちどに何もかもやろうとしないこと。これが、賢い人のやり方だ。
パンさえあれば、たいていの悲しみは堪えられる
真の勇気というものは、極端な臆病と向こうみずの中間にいる。
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生家庭職場

前の名言 、次の名言

ミゲル・デ・セルバンテスをAmazonで探す »
ミゲル・デ・セルバンテスを楽天で見る »

このページの先頭へ