ピーター・ドラッカーの名言

時間の使い方は練習によって改善できる。だがたえず努力しないかぎり仕事に流される。

未来を語る前に、今の現実を知らなければならない。現実からしかスタートできないからである。
知識は安くは手に入らない。
優位に立てるか否かは、誰もが手に入れられる知識から、どれだけ多くのものを引き出せるかによる。
リーダーは尊敬されるが、必ずしも好かれるとは限らない。
我々が行動可能なのは現在であり、また未来のみである。
すべての偉大な戦略は、最終的にドンくさい作業によって実現される。
アイデアは1000のうち、1つか2つしか育たない。
管理者は、高潔な品性をもってこそ、指導力を発揮し、多くの人の模範となりうる。
責任なき力は、力ではない。責任なき力は、無責任にすぎない。
情報は、何かを行うことのために使われて、初めて知識となる。
「ポスト」の言葉を冠されたものに、永遠なものはない。永続するものさえない。今日のわれわれの時代は、まさに転換期である。
経営管理者とは、正しくは、「知識の適用と、知識の働きに責任をもつ者」と定義されなければならない。
富の唯一の、あるいは少なくともその主たる創造者は、情報と知識となっている。
個人であれ、チームであれ、知識の生産性をあげるには、目的と組織が必要である。それは「天才のひらめき」ではない。厳しい仕事である。
今や、知識とされるべきものは、それが知識であることを行動によって証明されなければならない。
今さら自らを変えようとしてはならない。うまくいくわけがない。 自らの得意とする仕事の仕方を向上させていくべきである。
人間は、自分でなければ出来ない、と錯覚していることが多すぎる。
知識組織におけるマネジメントの仕事は、指揮命令ではない。方向づけである。
凝りすぎたイノベーションはほとんど確実に失敗する。
タグ: , , , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 世界人生成功職場

前の名言 、次の名言

ピーター・ドラッカーをAmazonで探す »
ピーター・ドラッカーを楽天で見る »

このページの先頭へ