芥川龍之介の名言

人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふものは、創痍を恐れずに闘はなければならぬ。

人生は地獄よりも地獄的である。
最も賢い処世術は社会的因習を軽蔑しながら、しかも社会的因習と矛盾せぬ生活をすることである。
どうせ生きているからには、苦しいのはあたり前だと思え。
臆病は文明人のみの持っている美徳である。
恋愛はただ、性欲の表現を受けたものである。
人生の悲劇の第一幕は親子となつたことにはじまつてゐる。
わたしは不幸にも知つてゐる。時には嘘によるほかは語られぬ真実もあることを。
阿呆はいつも彼以外のものを阿呆であると信じてゐる。
古人は神の前に懺悔した。今人は社会の前に懺悔してゐる。
天才とは僅かに我々と一歩を隔てたもののことである。
与論は常に私刑である。私刑は常に娯楽である。
タグ: , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人間関係苦難

前の名言 、次の名言

芥川龍之介をAmazonで探す »
芥川龍之介を楽天で見る »

このページの先頭へ