聖闘士星矢の名言

命とはただひとつのもの。たった一度限りのもの。それゆえに、何ものにもたえがたく、尊く、光輝くものだと思わないか?

笑わせんな。おまえらみたいに徒党を組んでコソコソと動き回る連中がどこが最強だ。
死が全ての終わりではあるまい。死でさえも、変化の一つにすぎない。
かよわくて、何の力もない僕だけど、でも…諦めないってことだけは誇れるはず!
神でもない人間に他人を制裁する権利などありはしないのだぞ。
一つも悪いことをしないで、生きていく人間などいるのだろうか?
俺たちにとって夢とは決して不可能なことじゃない。どんな夢も信じて貫けば必ず現実のものとなるのだ。
正義と悪の定義などない。時の流れによってどうにでも変わってしまうものなのだ。
人間は、それぞれの星の元に生まれた運命によって生きる。
どんな時も、まだなんとかなるって考えれば、必ず前途に希望の光明が見出せる。
運命は…神という存在から人が闘って奪い取るものなんだ!!
誰かの為に何かをする事に意味を求めなければいけなかった。
中途半端な力ほど醜いものはない
新しい時代のためにも、多少の犠牲もやむをえない。
全世界を敵にまわしても たったひとりのひとを愛する…!そんなことがあってもよいのではないかと思うが…の
自分本来のものを 何一つもたず 流行というものに流されて青春を浪費しているだけなんじゃないかな
例え敵とはいえ、多くの者を傷つけることが罪となるのなら、この世の邪悪を全て片付けてから神の裁きを受けようではないか。
タグ: , , , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : アニメ・漫画人生人間関係職場

前の名言 、次の名言

聖闘士星矢をAmazonで探す »
聖闘士星矢を楽天で見る »

このページの先頭へ