聖徳太子の名言

佞しく媚ぶる者は、上に対ひては即ち好みて下の渦を説き、下に遭ひては則ち上の失を誹謗る。

和を以て貴しとす。
一人の人間を救うことに
大きな意味はないかもしれない。
目の前に倒れている人間を、
放っておくような男に日本は救えない!
政治から志を奪ったら一体何が残るのか!
一人断らずべからず、必ず衆と共に宜しく論ずべし。

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生人間関係職場

前の名言 、次の名言

聖徳太子をAmazonで探す »
聖徳太子を楽天で見る »

このページの先頭へ