夏目漱石の名言

恋は宇宙的な活力である。

凡ての創口を癒合するものは時日である。
自らを尊しと思わぬものは奴隷なり。
実地を踏んで鍛え上げない人間は、木偶の坊と同なじ事だ。
精神的に向上心がないものは馬鹿だ。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。維持を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。
牛になる事はどうしても必要です。
恋心というやつ、いくら罵りわめいたところで、おいそれと胸のとりでを出ていくものでありますまい。
元来何しに世の中へ面をさらしているんだか、解しかねる奴さえいる。しかもそんな面に限って大きいものだ。
食いたければ食い、寝たければ寝る、怒るときは一生懸命に怒り、泣くときは絶体絶命に泣く。
真面目とは、実行するということだ。
運命は神の考えるものだ。人間は人間らしく働けばそれで結構である。
あなたが今まく種はやがて、あなたの未来となって現れる。
自己を捨てて神に走るものは神の奴隷である。
自然を翻訳するとみんな人間に化けてしまうから面白い
自己を表現する苦しみは、自己を鞭撻する苦しみだ。
タグ: , , , , , , , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生人間関係元気結婚職場苦難

前の名言 、次の名言

夏目漱石をAmazonで探す »
夏目漱石を楽天で見る »

このページの先頭へ