岡本太郎の名言

格好だけ、世間にうまく売り込んだだけの一流を相手にしても意味はない。
たとえマスコミに知られない無名の人でも、自分を貫いて生きている人がいたら、そういう人を見つけて付き合うことだ。

ぼくがいちばん好かないのは、「あたしなんか」という女性だね。屈折している。
「あたしなんか」といいながら、その実、相手に、「そんなことないですよ」といってもらいたいんだ。
人生に命を賭けていないんだ。だから、とかくただの傍観者になってしまう。
恋愛というのは、お互いに溶け合っているようで、お互いに監視しあっていることなんだ。
異性を恐れぬこと、そして謎を解くこと、それが人生の深みに入る。第一歩だ。
恋の始まりは瞬間でも、つきあいが長引くかどうかは、美醜よりも人間味にかかわる問題だ。
人間というのは、生まれつきのかたちで生きているのがいちばん美しいんだ。
美ってものは、見方次第なんだよ。
”愛”の前で自分の損得を考えること自体ナンセンスだ。そんな男は女を愛する資格はない。
僕は口が裂けてもアキラメロなどどは言わない。
タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生人間関係歌手・女優・俳優苦難

前の名言 、次の名言

岡本太郎をAmazonで探す »
岡本太郎を楽天で見る »

このページの先頭へ