川端康成の名言

夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。

男が家庭を持ちたいってのは、思いきり阿呆になれる場所がほしいからだ。
長い結婚は必ずしも出発に支配されない。
たとえばどんなにいいことにしろ、それを知るべき年齢よりも早くそれを知れば、それは悲劇の色しか帯びない。
忘れるにまかせるということが、結局最も美しく思い出すということなんだ。

スポンサードリンク

カテゴリ : 人生結婚

前の名言 、次の名言

川端康成をAmazonで探す »
川端康成を楽天で見る »

このページの先頭へ