井上靖の名言

どんな幸運な人間でも、一度は死にたい程悲しくて辛いことがある。

人間というものは、生きているということに多少の意義がないと、生きて行けないものですよ。
若い人たちはもっと積極的に一期一会の精神を、日々の生活の中に生かすべきである。
人間の苦しみの中で、猜疑心という奴が一番苦しいものかな。火刑よりも磔よりも苦しいかもしれないな。
年齢というものには元来意味はない。若い生活をしている者は若いし、老いた生活をしているものは老いている。
努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る。
タグ: , , , , ,

スポンサードリンク

カテゴリ : 人間関係元気

前の名言 、次の名言

井上靖をAmazonで探す »
井上靖を楽天で見る »

このページの先頭へ