ボクシング

次の試合で勝つが失明、負けてしまうが目は無事、のどちらかを選ぶとしたら、僕は勝つ方を選びます。
”誤審”は神様が俺に与えた試練なんだろうな。
自分が誇れるのは世界チャンピオンになったことじゃなくて、何度負けても立ち上がってきたこと。
過去を忘れ、他のことに一心に取り組む。これが私の悩み解決法である。
俺は「勝てる」とは言わない。
だけど俺は絶対に諦めることだけはしないんだ。
客を裏切りたくないんだよ俺は。
そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
自分の失敗をしょうがないと思うやつは許されへん。

他の名言も読む »

本当の奇跡というものがどんなものかを知ることになるんだ。

他の名言も読む »

本当に強いやつと戦うのは、世界に挑戦する前に一度くらいでいい。
ここまで来られたのも、ボクシング以外に私にはできることがなかったから。
最後は自分のボクシングを貫徹できるかどうか、それだけなんだよね。
祈るだけでは勇気は得られない。努力を重ねつつ祈るのだ。

他の名言も読む »

どの敗北も貴重な体験だった。
チャンピオンの王座をまもり、世界を制覇しつづけるためには、自分の弱気や迷いや、ゆるみ心に打ち勝つ以外にない。

他の名言も読む »

このページの先頭へ