ラグビー

苦労するのは目に見えているが、夢や希望がないと人間は成長しない。
私にとってラグビーは”学校”そのものでした。
よけいなことはせんでもよいのだ。ややこしいサインプレイなどは、社会人になってから覚えればいい。
スポーツに自己犠牲などありえないと思う。自己を生かすことがチームーを生かすことなんだ。
自分のポジションをまっとうすれば他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。

このページの先頭へ