実業家

がんばるのは人としての最低条件
成功が努力より先にくるのは、辞書の中だけだ。
偉くなったらバカになる修行をせよ。

他の名言も読む »

人生一度きり。

他の名言も読む »

自分しか歩けない道を自分で探しながらマイペースで歩け。
人の成功・不成功は、いつ、どんな時期にどんな人と会えるかだ。
スピーチが苦手だったけど、数こなせば慣れるのかと思いきや、全然慣れないけど、物凄く数こなせば慣れることが判った。

他の名言も読む »

小さな経験を積み上げていくことだ。そうすれば、自信もつくし、人からも信用されるようになる。
トラブルとは、作業着をまとったチャンスに過ぎない。
人生は自分でつくるもの。遅いということはない。
仮にどんなに小さく思える会社でも、総力をあげて一つのことに集中している会社には大変な強みがあり、計り知れないエネルギーを秘めています。

他の名言も読む »

できる人かどうかの必要条件は、自由に意見を言えるかどうかである。議論を戦わせることができるか否かに尽きる。

他の名言も読む »

決算数値は全体像の一部でしかない。もっと大切なのは財務数値にあらわせない点だ。それは戦略の実行である。

他の名言も読む »

私の人生をほかとは何かしら違うものにしてくれた要素をひとつだけ選ぶとしたら、それは競争への情熱であると思う。

他の名言も読む »

チャンスは貯蓄できない。
本当の友人というのは、相手が然るべき地位にあるのを利用するのではなく、その人に自分がどれだけ尽くせるかで決まる。
出会いは一回限りのもの。同じ形で出会うことは二度とない。縁がなければ会えなかった、その「時」をかけがえのないものとして捉えよう。
世の中に立っていく以上は、士魂商才の精神を持って進まなくてはならない。
常に一歩前進することを心がけよ。停止は退歩を意味する。
仕事は自分で見つけるべきものだ。また職業は自分でこしらえるべきものだ。その心がけさえあれば、仕事、職業は無限にある。
やった人にだけノウハウがつき、スキルがつく。
ノウハウがない、スキルがないからと勝負に出るのをやめるなんて、大変な勘違いです。
勝つまでやる。だから勝つ。
長く待ちすぎるより、早すぎる行動に価値がある 。

他の名言も読む »

必要なのは勇気ではなく覚悟。決めてしまえば全て動き始める。

他の名言も読む »

百歩先を見るものは狂人扱いを受け、現状のみを見るものは落伍する。十歩先を見る者のみが成功する。
正しいことをしていれば必ず成功する。
成功には何のトリックもない。私は私に与えられた仕事に全力を尽くしてきただけだ。
インターネットは、消費者にまさに選択肢を提供することだと思います。
「誰も成功していない」のは、アイデアが悪かったのではなく、
やり方が悪かった結果という可能性もあります。
我々は、絶えず線幅を細かくし、プロセスを複雑化し、ウエハーの集積度を高めている。
つまり、ひとつのチップに詰め込む機能を増やし続けている。
独自のアイデアというのはありませんでしたね。注文されたものは受け入れる、というのが私たちの考えでした。
我々が目指したのは、アップルにとって最も大切なものを再現するということなんです。
そしてそれは、シンプル、つまり簡単だということです。

他の名言も読む »

講習を受けなければ使えない機械など、顧客をバカにしている。
成功するためには、みんながすでに知っているような種類のゲームを考えなくてはいけませんでした。
どこの酔っぱらいでもプレイできる、シンプルなゲームです。
私がソフトを書くのは車や自家用機や邸宅などのハードウェアを買うためさ。
いや、「発明する」ことのほうが、「発明した」ことよりもずっと面白いことだ。
技術は人が使うために開発する。
人間の心理を熟知することが必要だと思います。
どうすれば相手が喜ぶのかということを、考えていることが大切なんです。

他の名言も読む »

叱ることは大切な教育である。叱られることが貴重な経験となるのだ。
信用というものの下限は安心感で、上限は期待感。

他の名言も読む »

信用は実に資本であって商売繁盛の根底である。
「なんでだろう」から、仕事は始まる。
人間というのは、時間が経つと迷うんです。
老後の一時間、一日というものは実に大事だ。その大事な一日を「ああ、いいことをしたな」と思って暮らすかどうかが、人生の幸不幸の決まるところだ。
急がず、あわてず、部下を思いやりながら、待ちに徹する重耳の姿は、苦境における指導者の在り方として感動的である。
この世に難関などない。
難関というのはあくまでも本人の主観の問題なのである。
いきなり大またで飛び出すのではなく、まずヨチヨチ歩きから始めていただきたい。
先見性や発想力があっても努力の裏づけがなければ経営者にはならない。
努力する姿は、誰かが見てくれているものだ。
いろいろな会合に参加して、もう一度会いたいなと思う魅力的な人物は、不思議と多面体な人ばかりですよ。

このページの先頭へ