実業家

志は野心とは違います。志は世のため、人のためという思いであり、野心は私利私欲です。
およそ人の評価というものは、過剰であるか過小であることがほとんどで、適正であることはあまり望めない。

他の名言も読む »

今の大会社に行こうと思うな。未来の大会社に行きなさい。
楽しくてやりがいのある仕事をしないと、人生損をしまっせ!
五年前にあなたは何をしていたか?
その答えが『いま』である

他の名言も読む »

持てる力を一点に集中させれば、必ず穴があく。
営業とは、自分がいいと思ったものを人に伝えること。

他の名言も読む »

「未来の目標」に向け、今やるべきことを考える。

他の名言も読む »

起業するのも大変、継続するのはもっと大変。

他の名言も読む »

社名を変えても理念は揺るがない。
運に恵まれるというのには努力が必要である。
寝るのはバカだ。みんな寝すぎだ。私は死んだあとたっぷり眠る。

他の名言も読む »

人生はマラソンなんだから、百メートルで一等をもらったってしょうがない。

他の名言も読む »

たった2人の人間を説得できへんようじゃ
テレビの前の一億人を説得させられへんよ。

他の名言も読む »

私たちに起こる問題は、すべて
「ちょっとの努力が必要な」
問題ばかりです。

そのちょっとの努力を
するかしないかの違いが、
人の能力の大きな差として
出てくるのです。

他の名言も読む »

優先順位の低いことをいくら上手にやっても
それは時間、才能、労力、資源のムダ。

他の名言も読む »

自分自身を説得できるかどうかが、成功の第一条件。

他の名言も読む »

いい仕事をするためのポイントは実にシンプルです。やりたい仕事をすること。
「これをやりなさい」と言われた仕事では、いい仕事はできません。
可能性に対して心を閉ざしていると、
人生の本当の恵みを見極めることはできないのです。

他の名言も読む »

コンピュータはビジネス用として発展してきた。
別の意味のコンピュータの世界をつくりたいというのが僕のエンジニアとしての夢。
コンピュータ時代の到来を予想していたのは、任天堂だけではない。
しかし、僕は「みんなのやることはやらない」「誰も考えていないことをやろう」
という路線を一貫して提唱してきた。
開発するものによっては、袋小路を出られない場合がある。
しかし、それは常識のワクだけで考えているためである場合が多い。

他の名言も読む »

教わって覚えたものは浅いけれど、
自分で苦しんで考えたことは深いんですよ。

他の名言も読む »

プレイできないと死んじゃうよ。
世の中には現実的な夢と非現実的な夢というのがあるからね。
“金貨一円”になれ、といいたい。紙幣の一円は日本国内だけしか通用しないが、金貨であれば、世界中、同じ一円の価値で通る。この金貨のようにどこでも通用する人物になれ、ということだ。
気にする必要もなく、忘れてもよい小事で心を乱してはならない。
「小事にこだわるには人生はあまりにも短い。」

他の名言も読む »

私は災難の起こるたびに、これをよい機会に変えようと努力し続けた。

他の名言も読む »

未熟なうちは成長する。成熟すれば、あとは衰えるだけだ。

他の名言も読む »

若いことは素晴らしいことだが、成熟して経験豊かだというのもそれに劣らず望ましいことである。
青春とは人生のある時期ではなく、心の持ち方を言う。
Youth is not a time ; it is a state of mind.

他の名言も読む »

自分の力でどうにもならないことは、心配しても意味がない。
それを夢見ることができるならば、あなたはそれを実現できる。
If you can dream it, you can do it.

他の名言も読む »

変化こそ、機会の母である。

他の名言も読む »

ものの事実は手でつかむこと。
人よりもほんの少し多くの苦労、人よりもほんの少し多くの努力で、その結果は大きく違ってくる。
平凡な人間には一つのことに成功するのも容易でない。
人は良心に従って行動するほど快きはなし。

他の名言も読む »

人は誰でも種々様々な能力を持っているものなのに、どんな優れた能力があるかを知らずにいる場合が多い。

他の名言も読む »

見せかけだけの和はいらない。
毎日の仕事そのものが勉強のチャンスであり教科書である。
なんのために実行するのかのビジョンがなければ、効果があがるはずはありません。
短所を直すにはすごいエネルギーが必要だけど、長所を伸ばすのは楽である。
誰もやったことのない仕事こそやり甲斐がある。
他人の利益を図らずして、自らの繁栄はありえない。

他の名言も読む »

組織全体に一つの勢いをつけることが大事なんです。
現場で考え、研究せよ。
景気不景気人にあり。
およそ何事をなすにも、至誠をもって基礎としなければ、成功させることはむずかしいのである。
同じあやまちは再びくり返すな。

このページの先頭へ