小林繁

男には、生涯に一度は決断、発奮するときがあるんだ。

このページの先頭へ