小説家

共通の憎しみほど、人間を団結させるものはない。

他の名言も読む »

仲間より頭ひとつ抜け出す人間とは、
若くして目標を定め、その目標に力をそそぎ続けた人である。

他の名言も読む »

むずかしいのは愛する技術ではなく、愛される技術である。

他の名言も読む »

「闇があるから光がある。」 そして闇から出てきた人こそ、一番本当に光のありがたさがわかるんだ。

他の名言も読む »

最後の審判を待っていてはいけない。

他の名言も読む »

あまりうちとけ過ぎる人間は尊敬を失いますし、
気やすい人間は馬鹿にされますし、
むやみに熱意を見せる人間はいい食いものにされます。

他の名言も読む »

振り向くな、振り向くな、後ろには夢がない。

他の名言も読む »

人間の一生には一度はまたとない好機が来る。

他の名言も読む »

大洋よりもいっそう壮大なものは大空である。大空よりも一層壮大なものは人間の心である。

他の名言も読む »

女性の全生涯は愛情の歴史である。
愛するということは、われらがたがいにみつめあうことではなく、ともに同じ方向をみつめることだ。

他の名言も読む »

忘却なくして幸福はありえない。
人間が慣れることのできむ環境というものはない。

他の名言も読む »

どんな事態にも、第三の道がある。

他の名言も読む »

短い間だれかに夢中になるということはだれにでもある。しかし、長くひとりの人間を愛しつづけるということは、ほっといてできることではない。
ふたりが一体となって自分たちだけの歴史をつくっていくとき、その歴史が今度は逆に老年になって夫婦を支えるたしかな基盤になってくる。
男性操縦の最高の秘訣は、男のセンチメンタリズムをギュッとにぎることだ。

他の名言も読む »

寒い晩だな。寒い晩です。妻のナグサメとは正に斬の如きもの也。

他の名言も読む »

幸福な結婚とはいつでも離婚できる状態ででありながら、離婚したくない状況である。
結婚は恋愛時代にはない要素を、それも素晴らしい要素をつけ加えてくれるのが、それに伴う犠牲も要求するのである。
結婚の理想は互いに相手を束縛することなしに、しかも緊密に結びついていることだ。

他の名言も読む »

男が女を選び、女が男を選ぶことの中には、選んだその人の全人格が現れている。
夫を持ったり、子供を持ったりする度に、人間の心の眼は開けてゆくものだよ。

他の名言も読む »

愛は決して”大舟”ではない。絶えず危機を孕んだ”子舟”でしかないのだ。

他の名言も読む »

愛に住すれば人生に意義あり。
愛を離るれば人生は無意義なり。

他の名言も読む »

愛することは愛されることよりも百倍も尊いし、愛の本質はあくまで、愛することにある。

他の名言も読む »

わたしはいま、風ばかり聴いています。
自分の生き方さえ求めたら、現在の暮らしよう、生き方は必ずある。
欠点は常に裏から見た長所である。

他の名言も読む »

きっと生きられますよ。きっと生きる道はありますよ。どこまで行っても人生にはきっと抜け路があると思うのです。
人にお世辞を云うのは、云う人が考えるほど効果的ではない。

他の名言も読む »

人と人との間柄は、信用し、信用されて、各々の職能のはたらきがある。
自覚さえすればどんな生活にだって深い意味が出来る。
オセッカイこそ人間が生きていることの保証である。

他の名言も読む »

生きたいというのは寂寥と悪闘しようとする執着でなければならない。
容易な道を選んではならぬ。近道を抜けてはならぬ。

他の名言も読む »

行水にも淵瀬あり、人の世に窮達なからめやは。
行き詰りは展開の一歩である。

他の名言も読む »

花のいのちはみじかくて/
苦しきことのみ多かりき

他の名言も読む »

人間よくなるも悪くなるも一寸の間だ。
永く生きて来て気のつくことは此の生き抜く意外に何もないことなのだ。
天下何事か研究せずして発達するものあらんや。

他の名言も読む »

人生のどんな隅にも、どんなつまらなそうな境遇にも、やっぱり望みはあるのだ。

他の名言も読む »

人生の競技場に踏みとどまりたいと思ふものは、創痍を恐れずに闘はなければならぬ。

他の名言も読む »

じたばたしたら、悪い時は更に悪い時を呼ぶ。

他の名言も読む »

現在は堪えがたいからといって、希望のない者には改善など思いがけないことです。

他の名言も読む »

われわれはまあこの世に間借りしているようなもので、何もむきになることはない。

他の名言も読む »

人生はその人の勇気に比例して、縮小したり、拡大したりする。
日の光を藉りて、照る大いなる月たらんよりは、自ら光を放つ小き燈火たれ。
人間は理想が無くっては駄目です。

他の名言も読む »

このページの先頭へ