小説

人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる
私はきっと愛したことを思い出す
人の生に限りはあれど命は永遠なり。
並んで一緒に歩く。ただそれだけのことなのに、不思議だね。
たったそれだけのことがこんなに難しくて、こんなに凄いことだったなんて。
広い世界を見ろよ。後は自分で決めろ。
家族はさ、つくるのは大変だけど、その分めったになくならないからさ
過去を甦らせるのではなく、未来に期待するだけではなく、現在を響かせなければならない
夢をみることが出来なければ、未来を変えることは出来ません。

他の名言も読む »

死は生の対極としてではなく、その一部として存在している

他の名言も読む »

人間は幸せを前にすると急に臆病になる。幸せを勝ち取ることは、不幸に耐えることより勇気がいる。
取り返しがつかないことなんかはない。自分だけの過去なんだから、好きに取り戻していっていいじゃないか。
伝えることをあきらめちゃいけない。
聞く気持ちがある人には、必ず伝わるから。
誰もが歩む人生に、
たいした価値があるとは思えないので、
東京での生活を終わりにします。
天国ってのは生き残った人間が発明したもんだ。
ポジティブシンキングさ。ダメだと思えば人生ダメになる。いけると思えばいけるんだよ。
この世に生きる者同士、命の重さはお互い同じと思し
本気で嫌なら押し通せよ。もういいとかそういうの最低だ
その人が好きか嫌いかを知るのに、一緒に旅をするよりも確実な方法はない。

他の名言も読む »

このページの先頭へ