弁論家

自分自身をあざむくほど容易なことはない。なぜなら、我々の欲するところのものを、我々はいつでも信じようと心構えているからである。

このページの先頭へ