愛は遠くにあろうとも、しかしいつも、そこにある。星の光のように、とこしえに遠く、また近くに。
心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり、犠牲を云々するときには、それだけもう真の愛ではなくなる。
子供を父や母に結び付けていた絆は決して切れることはないけれど、それは緩むのである。

他の名言も読む »

結婚の問題は、なによりも生活の問題です。それはかならずしも愛を条件とはしません。

他の名言も読む »

女が愛する恋人におくる愛の誓いの言葉は、風の上か、急流の上に書かれているにちがいない。
一度、愛されてしまえば、愛してしまえば、もう忘れることなど出来ないんだよ。

他の名言も読む »

夢見たものは、一つの幸福。願ったものは、一つの愛。
愛は最善のものである。

他の名言も読む »

どんなに思い焦がれているかをいえる人は、ほんの僅かしか愛していないのだ。
財宝も地位も愛に比すれば塵芥の如し

他の名言も読む »

愛は喪失であり、断念である。愛は全てを人に与えてしまったときに、もっとも富んでいる。
人が天から心をさずかっているのは愛するためである。
自分を知るためには、他人を知らなければならない。

他の名言も読む »

愛は咳、隠すに隠しきれぬ。
知は愛、愛は知である。

他の名言も読む »

弁論の時代は去った。今や実行の時である。

他の名言も読む »

人々は、たいがい無我夢中に急いで結婚するから、一生悔いることになる。

他の名言も読む »

真に愛することは、やがて真に理解することである。
愛あるところ、神あり。

他の名言も読む »

新しい一歩を踏み出すこと、新しい言葉を発することは、人々がもっとも恐れることである。

他の名言も読む »

愛されることは、燃えつづけることでしかない。愛することは、暗い夜にともされたランプの美しい光だ。愛されることは消えることだが、愛することは永い持続だ。

他の名言も読む »

誰かを愛することは、その人に幸福になってもらいたいと願うことである。
命とはただひとつのもの。たった一度限りのもの。それゆえに、何ものにもたえがたく、尊く、光輝くものだと思わないか?

他の名言も読む »

愛されなくても愛したくて、愛すれば愛されたくなる。
君の話すことは、全部本に書いてある。君から学ぶことは何もない。

他の名言も読む »

愛は人を癒す。愛する者も、そして愛される者も。
愛だの情熱だのというものは、ひとつの偶然にすぎないのだ。
人は深く愛した相手をなかなか憎めない。

他の名言も読む »

恋の秘訣。それは疑わないこと、耐えること。

他の名言も読む »

私が今ここに立っていられるのは、人生を共にする女性が、愛とはどんなものであるかを教えてくれ、今も毎日それを示してくれるおかげです
相手を喜ばせるのが気持ちいいと感じることならば、それは、全て愛に違いない
愛は…相手がいないと対象がないと、成り立たないもの
愛している女は、男から愛されていないのではないかといつも恐れている。
愛していない女は、男から愛されているといつもうぬぼれている
ただ信じる、それが一番の勇気。
ぶっちゃけ、俺、お前に何かあったら困るから。
ここにいるのは あなたのことがすきだから
あなたのそばで 生きていたいと思ったから
そこにいるだけでいいから
僕にないもの君がくれる
君にないもの僕があげる
二人にないものは一緒に探そう

他の名言も読む »

ほかの誰かに恋ができるまで
うまく笑えるようになるまで
少し時間がかかってしまうけど
君は今まで通り
笑っていて
人間は死ぬとき、愛されたことを思い出すヒトと愛したことを思い出すヒトとにわかれる
私はきっと愛したことを思い出す
きっと今のあたしには あなた以上はいないでしょう
愛はパワーだよ。
ずっとずっと君のそばで 誰よりも近いこの場所で
何よりも強い気持ちで 僕は君を守り続ける
自分を好きだと言ってみたい。誰かを好きだと言ってみたい。心から
君は何を美しいと思う?
木よ。
木か。だったら、君は木に似てる。
近頃、ひ弱な男と元気な女…という日本社会になってきているようだが、ひ弱い男を作った原因はまさに母親なのである。
“男と言うもの”を間違って理解した女なのである。
芸術家は猫を愛し、兵士は犬を愛する。
心優しくあたたかい男性こそが、真に男らしい頼りになる男性なのだと気づくとき、たいていの女はもうすでに年老いてしまっている。
小さな事柄が人を悩ませるのだ。象が向かって来れば身をかわして逃げられもするが、蝿からは身をかわすことができない。

他の名言も読む »

愛というのは、執着という醜いものにつけた仮の、美しい嘘の呼び名だ。

このページの先頭へ