日本人

日本では子供と大人が最も自由と気ままを許される。
おまえなんかいらない、と言われても、挫折感を味わう必要はない。日本的組織では、個性や才能のある人こそ切られてしまう。
掟に従えるのは、上に文句を言わない優等生的才能だ。
近頃、ひ弱な男と元気な女…という日本社会になってきているようだが、ひ弱い男を作った原因はまさに母親なのである。
“男と言うもの”を間違って理解した女なのである。
日本人の多くが、「政治と自分の幸せは無関係」と思い込んで、苦しい生活に耐えている。
日本人ほど「ありがとう」という言葉を口にしない民族はそうそういませんね。

このページの先頭へ