歌人

花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに。
命短し恋せよ乙女。
言葉の一つ一つは凡てが生ける言霊である。生物である。
女はやわらかに心うつくしきなんよき。

他の名言も読む »

女にも武器あり、曰く涙これなり。
「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念

他の名言も読む »

恋という奴は一度失敗してみるのもいいかも知れぬ、そこで初めて味がつくような気がするね。
孤独の寂しさが人間の心を静かに燃やしてくれる。
学問は博く学ぶべきものなり。
世にしたがへば、身、くるし。したがはねば、狂せるに似たり。

他の名言も読む »

行水にも淵瀬あり、人の世に窮達なからめやは。
天下何事か研究せずして発達するものあらんや。

他の名言も読む »

自分の生命を打ち込むことのできる仕事を持っている者は幸福である。
病気の境涯に処しては、病気を楽しむという事にならなければ生きて居ても何の面白みもない。

他の名言も読む »

人生はさとるのが目的ではないです。生きるのです。人間は動物ですから。
厭々する労働はかえって人を老衰に導くが、事故の生命の表現として自主的にする労働は、その生命を健康にする。

他の名言も読む »

如何をも捨て字と心に取り持ち手は、一事も成るべからず。

他の名言も読む »

如何なる問題にあっても、具体的という事はさいごの、しかして最良の結論だ。

他の名言も読む »

このページの先頭へ