相撲

横綱になるのは難しいが、務めるのはそれ以上に大変だった。
時代という背景にですね、合った競技というのが、あると思うんです。
まず強くなきゃ。強くなってそれからでしょ。
人にもらう刺激、むかつく刺激とか、
そういうのが凄い力になっている。
スランプを切り抜ける途も、
やはり稽古の一道しかない。
勝つためには、とにかく前に一歩でもでる。
ここまでくれば「何が何でも並びたい」
そして「何が何でも抜きたい」と自らハッパをかけて土俵に上がった。

他の名言も読む »

このページの先頭へ