評価

およそ人の評価というものは、過剰であるか過小であることがほとんどで、適正であることはあまり望めない。

他の名言も読む »

このページの先頭へ