詩人

どの道を行くかは、あなたがどこに行きたいかによります。
言葉の一つ一つは凡てが生ける言霊である。生物である。
ときとして勇気は、征服者の心さえ動かす。
決定をあせってはならない。ひと晩眠ればよい知恵が出るものだ。
私の愛人は人類である。
いかなる距離も血縁を断ち切らず、兄弟は永久に兄弟なり。いかなる激烈な無情も憤怒もこの磁石にまさることなし。
女の口から出る「いいえ」は、否定ではない。
心からなる愛は、与える場合に最も豊かであり、犠牲を云々するときには、それだけもう真の愛ではなくなる。
一切の事を忘れて陶酔するのが愛人同士であるが、一切の事を知って喜ぶのが友人同士である。
「希望」には羽根が生えていて、魂にとまる。
人間のもつ死の恐怖はすべて自然に対する認識の欠如に由来している。
一人の父親は、百人の校長に優る。
夢見たものは、一つの幸福。願ったものは、一つの愛。
愛は最善のものである。

他の名言も読む »

どんなに思い焦がれているかをいえる人は、ほんの僅かしか愛していないのだ。
人が天から心をさずかっているのは愛するためである。
キツネはワナをとがめる。自分自身をとがめずに。
相手の本音は自分に打ち明けたところではなく、打ち明けられなかったところにある。
運の悪い人は安心せよ。それ以上の悪運はないのだから。
女にも武器あり、曰く涙これなり。
賢者は、チャンスを幸福に変える。

他の名言も読む »

夢見る力のない者は、生きる力もない。
愛されることは、燃えつづけることでしかない。愛することは、暗い夜にともされたランプの美しい光だ。愛されることは消えることだが、愛することは永い持続だ。

他の名言も読む »

人生とは出会いである。その招待は二度と繰り返されることはない。

他の名言も読む »

自分の感じかたに自信が持てない時は、沈黙していなさい。

他の名言も読む »

才能はだれにでもある。しかし、未知数の才能をひたすら信じ、どこまでも追求していく勇気を持ちあわせている人は極めてまれなのである。
真の友情は、後ろから見ても前から見ても同じものだ。前から見ればバラ、後ろから見ればトゲ、というものではない。

他の名言も読む »

ことばはいうまでもなく、人類が用いる最も効き目のある薬である。

他の名言も読む »

会って、知って、愛して別れていくのが、いくつもの人間の悲しい物語である
過ぎ去りたる生活を愉しめるは、人生を二度生くることなり。
恋の秘訣。それは疑わないこと、耐えること。

他の名言も読む »

あなたが他人の利益を一番に考えて自分の時間や心をささげているなら安心してよい

他の名言も読む »

求めないと言ったって、どうしても人間は求める存在なんだ。
私は人間であり、間違うかもしれないし、しくじるかもしれないし、騙されるかもしれない。
勇敢な男は自分自身のことは最後に考えるものである。

他の名言も読む »

ひとが どういったって、 そんなこと どうだって いいや。 じぶんは じぶんさ
今日、若い女性たちの間で身につく欠点は、彼女らがあまりにも財産に対していだいている憧憬の念よりも、むしろ財産を持っていることを見栄にする、という悪趣味にある。

他の名言も読む »

なんだ、あれが僕たちの探している青い鳥なんだ。
僕達はずいぶん遠くまで探しに行ったけど、本当はいつもここにいたんだ。

他の名言も読む »

もっと人生を本当に楽しめるときがいつか訪れるだろう。
その時をあなたは心待ちにしなさい。
子供達に囲まれて人生の最後の時を迎える人を私は幸福だと思う。

他の名言も読む »

幸福は小鳥のようにつかまえておくがいい。
できるだけそっと、ゆるやかに。
小鳥は自分が自由だと思い込んでさえいれば、喜んでお前の手の中にとどまっているだろう。
不幸に直面したときに友だちがわかる

他の名言も読む »

欠点は、表面に浮かんで流れるわらのようなもの。真珠を求めるなら、深くもぐれ。

他の名言も読む »

誠実は人間の保ち得る高尚なものである。
人助けをしたら、そのときはすごく損をしたような気がしても、どこかで埋め合わせがありますね。
だから、いつもどうすれば人がよろこぶかなあということを考えていれば、何かしらそのお返しというのがあるんです。
我々のすべての探求の最後は、初めにいた場所でありその場所をはじめて知ることである
貴女は自分を素敵と思っている。でも、どうして私にそんなこと分かるでしょうか。
お化粧や香水をつけることをお止めなさい。そうすれば、私はほんとうの貴女の香りに気づくでしょう。
人間は、人間である。位や、肩書や、富など、見せかけだけの飾りではないか!
誠実な人間こそが、人間の王者なのだ!
政治こそ、人間の仕事のうちで、最高な理想を行いうる大事業だ。

他の名言も読む »

親族にして直(じき)からず、聖(せい)からざるときは、そを愛するよりも、その絆を断つべし。

このページの先頭へ