詩人

生きているということ
いま生きているということ
家のうへに屋根あり
屋根の上に月あるをおもふのみにて
わが心足る
ひとが/
ひとでなくなるのは/
自分を愛することを/
やめるときだ

他の名言も読む »

辛いという字がある。もう少しで幸せになれそうな字である。
永く生きて来て気のつくことは此の生き抜く意外に何もないことなのだ。
つまずいたっていいじゃないか人間だもの。

他の名言も読む »

僕の前に道はない
僕の後ろに道は出来る。

他の名言も読む »

厭々する労働はかえって人を老衰に導くが、事故の生命の表現として自主的にする労働は、その生命を健康にする。

他の名言も読む »

生きたくないと思ったって、生きるだけは生きなけりゃ成りません。

他の名言も読む »

雨ニモマケズ/風ニモマケズ

他の名言も読む »

熱意は力なり。必ず到着せんとするところを指せる、一種の引力なり。
知識は能力となる時に貴い。
たくさんある山を見て、登れないどうしようと、と思っているんじゃなくて、まず一つの山に登って頂上まで行くところから全ては始まるんです。
実行せざる思い付きは空想と称し、又た妄想と称す。

他の名言も読む »

如何なる問題にあっても、具体的という事はさいごの、しかして最良の結論だ。

他の名言も読む »

人生はかけ算だ。どんなにチャンスがあっても、君が「ゼロ」なら意味がない

このページの先頭へ