家庭

相対性理論についてはよくわかりませんが、アインシュタインのことについてはよく理解しています。
子供はね、ごはんを食べる時、 愛情も一緒に食べるのよ。思い出も一緒に食べるのよ。だから、他の家事は疎かにしてもいいから、ご飯だけは自分で作ってあげて…
子供の顔を見たくない親なんて、いるもんですか!
家族はさ、つくるのは大変だけど、その分めったになくならないからさ
「人生最良の時は結婚式の日だった」「最悪の時は?」「それ以後の毎日」
非行少年は不幸少年でもある
子どもより大切な存在ってあるかしら?
旅行者はその放浪によって家庭のありがたさを学ぶことがいよいよ切である。

他の名言も読む »

近頃、ひ弱な男と元気な女…という日本社会になってきているようだが、ひ弱い男を作った原因はまさに母親なのである。
“男と言うもの”を間違って理解した女なのである。
日本は豊になって所得が増えたけれども、子供のコストも高くなって、子供がつくれないほど貧しくなってしまったのである。
父親が子供に語ることは世間には聞こえないが、彼の子孫には聞こえる。

他の名言も読む »

女はな、若いうちはみんな違う顔をしとるが、年をとるとみんな同じ顔になるぞ。
子供時代に期待された人間は自己に自信を持ち、その自信が成功につながる
全く自分の予測通りに人生が進んだとしたら、こんなにつまらないことはないでしょう。
予定通りに結婚して予定通りに子供が二人生まれる。予定通りに出世して、最後は予定通りに死ぬ。
それが幸福な人生と言えるでしょうか。
子供は、褒められて育つと、人に感謝するようになる
私の一番の仕事はこの子の母親であることです。
本当につぇーのは、失うものがないヤツより、守るものがあるやつだってよ。
友人は、不幸という風が吹くと散ってしまう木の葉だが、身内は、木の根元に落ちる果実である。
幸福…他人の不幸を眺めることから生ずる快適な感覚。

他の名言も読む »

愛情はあらゆる暴力の嵐に耐え抜く力があるが、北極の氷のような長い無関心には耐えられない。

他の名言も読む »

つまらぬ男と結婚するより、一流の男の妾におなり
家庭を治めることより王国を統治するほうが容易である
自由であるべきは、心のみにあらず!!

他の名言も読む »

人生の99%が不幸だとしても、最期の1%が幸せならば、その人の人生は幸せなものに変わる。

他の名言も読む »

このページの先頭へ