人間関係

子供は、褒められて育つと、人に感謝するようになる
その子を知らざればその友を見よ。
「大丈夫、心配しないで。私がやってあげるから。」こんなヒドイことを言うのを、私は、もうやめようと思う。
誰もが人を傷つける可能性を持っている。でも 「可能性」は人を殺さない。「ナイフ」も人を殺さない。
殺すのはあくまでも「人」だ。人が凶器を振り下ろした時、はじめて血が流れるんだ。
誰かに向かってひどいことを言うときには、その結果に全責任を負わねばならない。相手は一生その言葉を忘れないかもしれないのだ。
きっときっと誰もが、何か足りないものを無理に期待しすぎて人を傷つけている。

他の名言も読む »

比べて悲しむと自己を見失う。比べて喜ぶと他を傷つける。
誰もが犯しやすい間違いは、嫌いな人の存在を認めないことだ。

他の名言も読む »

嫌いな人がいたら、好きになるところまで離れればいいのよ。
友人は、不幸という風が吹くと散ってしまう木の葉だが、身内は、木の根元に落ちる果実である。
友人はメロンに似ている。五十個も試さなければ、いいのにめぐり合わない。
裏切られてもいいんだ。裏切った相手が卑怯になるだけで、わたしのなにが傷つくわけでもない。裏切って卑怯者になるよりずっといい。
あなたには、持って生まれた、あなただけのすばらしさが必ずあります。

他の名言も読む »

誰のまねもすんな 君は君でいい

他の名言も読む »

自分への教育は自分の無知を認めることから始まる。

他の名言も読む »

わたしが女より男のほうが好きなのは、彼らが男であるからではなく、彼らが女でないからである
悪口は意地の悪い人の慰めである。
中傷に打ち勝つ途は、それを軽蔑するだけでよい。
いっさいの人間は、他人のために己を犠牲にする心構えのある人に対しては、尊敬と畏怖の念を抱く
友達なんかいらない。また傷つけるくらいなら 一人でいればいい
女性社員に人気がない上司は、ただ女性に人気がなくなるだけではなく、男性の部下にも人気がなくなります。

他の名言も読む »

お前の周りにはみんながいる。お前は一人じゃない
好きな人を好きでいるために、その人から自由でいたいんだよ。
最高の選手と戦えて嬉しいよ。
人間の本当の戦いというのは、我を忘れる、ということです。
我を忘れたときに、その人の本性が露呈する。
本当の奇跡というものがどんなものかを知ることになるんだ。

他の名言も読む »

4番が負けの責任を一人で負うことで、他の選手の負担を減らせるんです。
個人の力をいかにして組織の力にまとめ上げるか。
人にもらう刺激、むかつく刺激とか、
そういうのが凄い力になっている。
他人をうらやんだり、妬んだりしますよね。そうすると心が貧しくなる。
自分のポジションをまっとうすれば他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。
人の気持ちを全部理解しようとする方が 無理なんじゃないの?

全て理解されることは難しいことなのです。
皆、それぞれ違うのですから。

人間は弱いままでいいんですよ、いつまでも…弱い者が手を取り合い、生きていく社会こそが素晴らしい
悲しみはいつか癒されるわ。けど憎しみは消えない。
捨てる人間がいたら、拾う人間になればいい。傷つける人間がいたら、傷を癒す人間になればいい。
相手の欠点10個言って、それでも一緒に酒飲んでくれるのが本当の友達や
汚れなく笑えた昨日よりも 傷つくこと知ってる今が好き
逆らうほどに打ちのめされて 傷跡ばかりふえたけど きばをなくした獣にだけは なりたくないと思ってた

他の名言も読む »

人の心はどうしても何か足りないと言うけれど そこんとこうめるべきなのは
恋人じゃない 親でもない ねえ そうでしょ?

他の名言も読む »

その人が好きか嫌いかを知るのに、一緒に旅をするよりも確実な方法はない。

他の名言も読む »

いい食事をすると、みんなが仲よくなるのは不思議なことである。
Strage how a good dinner reconciles everybody.
僕が成功すれば、社員も成功する。社員が成功すれば、僕も成功する。
これを大和魂と呼ぶのではないでしょうか?
笑顔でいれば好かれるし、怒ってばかりいたらキラわれる。それだけなんだよ。

他の名言も読む »

牛乳を飲む人より牛乳を配る人の方がよっぽど丈夫だ

他の名言も読む »

いまの人は、みんな、「何かしなければ」と思いすぎる。
よしあしの人にはあらで我にあり形直うて影もまがらず。

他の名言も読む »

身を修むるときは、道立つ、賢を尊ぶときは惑わず。
水いたって清ければ底に魚すまず、人いたって賢なれば内に友なし。
ほめらるるもの、四十五日に過ぎず。そしらるるもの、また四十五日に過ぎず。
人の心は花に以て、移ろい易く浅ましく、しどけなきこそ侍(たの)みなれ。

このページの先頭へ