人間関係

ひとが/
ひとでなくなるのは/
自分を愛することを/
やめるときだ

他の名言も読む »

花の色もとうかんなきも世の中にこく見えぬればうつろいにけり。

他の名言も読む »

人間関係というのは、相手との距離さえ置けばうまくいく。もめるのはその距離を越えようとするからだ。
にくきもの、急ぐことある折りに来て長言する客人(まろうど)。

他の名言も読む »

何事も談合すれば面白きことあるぞ。
友はその所長を友とすべし。
他人の悪を能く見る者は、己が悪これを見ず。
ひとりで見る夢は夢でしかない。しかし誰かと見る夢は現実だ。
弱い自分を見せて下さい。1人でも多くの人に見せてください。
そのとき優しく受け止めてくれた人が、あなたの本当の友達です。
人が本当に信頼し合えるのは、悩みに共感することができたときです。
自覚さえすればどんな生活にだって深い意味が出来る。
詞のもらし易きは災を招く媒なり。ことばのつつしまざるは敗をとる道なり。

他の名言も読む »

ともに喜べば、喜びは二倍に。ともに悲しめば苦しみは半分に。
あら探しの好きな方、ワガママな方、厄介な質問をする方に申し上げます。ありがとうございます。
己を以て人にたくらぶるとやらんは、以ての外なる不了簡と申すべく候。
オセッカイこそ人間が生きていることの保証である。

他の名言も読む »

一村は、互いに助け合い、互いに救い合うの頼もしき事、朋友のごとくなるべし。
生きたいというのは寂寥と悪闘しようとする執着でなければならない。
行き詰りは展開の一歩である。

他の名言も読む »

現実に触れよとは切実な経験をせよということである。

他の名言も読む »

不幸に耳を塞ぎ 目を隠せ そしたら 少しは マトモだった自分を思い出して 笑っていられる

他の名言も読む »

友情は成長の遅い植物である。それが友情という名の花を咲かすまでは
幾度かの試練・困難の打撃を受けて堪えねばならぬ

他の名言も読む »

このページの先頭へ