マナーのある人が先に挨拶する
この世の中には2つのタイプの人間がいます。そのひとつは、大きな幸せの中にいながら、その中の小さな不幸のみを見つめて、いつもぶつぶつ言いながら、不幸せに生きている人間。
もうひとつは、大きな不幸せの中にいながら、その中の小さな幸せだけを見つめて、いつも幸せに生きている人間です。
身を屈して、分を守り、天の時を待つ。

他の名言も読む »

人は一人である時一番強い。
人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。
女の直観の鋭さは並大抵のものではない。
あの直観、あの本能の鋭さは、考えないで生きてきた数百万年もの長い歳月のうちに養われてきたものなのだ。
自分たちの強みを把握したうえで、そこを掘り下げる

他の名言も読む »

技術の上手下手ではない。その心が人をうつのだ
おかあさんは、にんげんは
おそろしいものだっておっしゃったが、ちっともおそろしくないや。
だって、ぼくの手を見ても、どうもしなかったもの
悲しみなさい あとでむかえにくるから
行きなさい あとで抱きしめてあげるから
まちがったとしても
あとで すべてを聞いてあげるから

他の名言も読む »

うつくしいものに出会ったら、いっしょうけんめい見つめなさい。
見つめると、それが目ににじんで、ちゃあんと心にすみつくのよ。
そうすると、いつだって目のまえに見えるようになるわ
悩みがあっても、すべてレッスン。
欲しいものを何でも与えるのに十分な大きさの政府とは、持っているものを全て取り上げてしまうのに十分な大きさの政府でもあるということです。
外から見たら、「嫌いになった」から「別れる」って、それだけですけど、心の中では、なんとなく嫌いなことが1つ最初に出てきて、それがだんだんと積み重なっていく。
引っ込み思案はおくゆかしい、優柔不断は慎重で細心、傷つきやすいのは感受性豊か。
理性のなくなった人間は、動物以下であり、表現の自由のないところに、人間の社会は成立せず、生ける屍と言えよう。
人間って不思議なもので、人との関係が煩わしくてストレスを感じるのに、人との関係の中でストレスを解消する。

他の名言も読む »

あいつはとんでもないものを盗んでいきました。あなたの心です。
多すぎる火は何も生みはせん。
火は一日で森を灰にするが、
水と風は100年かけて森を育てる。
サッカーに古いも新しいもない。あるのは、良いサッカーと悪いサッカーだけだ。
辞世の句なんて美しくまとめてるけど、そこからその人の真情を読むのは大変。
僕と関係した人の言葉が僕なのね。

他の名言も読む »

赤塚先生、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
私もあなたの数多くの作品の一つです。
「大丈夫、心配しないで。私がやってあげるから。」こんなヒドイことを言うのを、私は、もうやめようと思う。
比べて悲しむと自己を見失う。比べて喜ぶと他を傷つける。
たった2人の人間を説得できへんようじゃ
テレビの前の一億人を説得させられへんよ。

他の名言も読む »

私を超えられるのは、私だけ

他の名言も読む »

幸福…他人の不幸を眺めることから生ずる快適な感覚。

他の名言も読む »

あなたには、持って生まれた、あなただけのすばらしさが必ずあります。

他の名言も読む »

喜びも悲しみも苦しみも、コートで感じたかった。よかったです。
意志あるところに道はある。

他の名言も読む »

多忙なる蜜蜂は悲しむ暇もなし。
栄光を望むのは罪ではない。
このメダルも金メダルだ、と。今までがんばってこれた自分に感謝したいです。
靴が脱げても脱げなくても、今の実力がこういう結果なんで、今日からまた頑張っていきたいです。
計算なんてしてなくて、もう1キロ2キロで死ぬだけ行ってみようと思って。
心の強さは持続的な鍛錬によってのみ開発される。

他の名言も読む »

素直な気持ちの持ち主が、子供の心を育てられるんじゃないですか
美に不釣合いな奴ほど、美を求めるもんさ
本気で嫌なら押し通せよ。もういいとかそういうの最低だ
完璧な人間なんていやしないさ。
イチロー君は記録、ボクは記憶。

他の名言も読む »

同じ景色でも、そこに見えるのは人それぞれなのだ
松本(松本人志)と別れることがあったら、俺はお笑いはしない。
最高の笑いを見続けて来たから、他の笑いなんてできないでしょ。

他の名言も読む »

意地も見栄もない男なんて最低よ!
体がついていかないのではなくて、心がついていかなくなった時が自分の潮時。
私にとってラグビーは”学校”そのものでした。
プレイできないと死んじゃうよ。
誰よりも練習する事。それが必ず自信になる。

他の名言も読む »

僕は悩んでませんから。いろいろ

他の名言も読む »

自分がどんなにダメか、どれだけチームに迷惑をかけているか、
誰も自分には教えてくれない。
だから自分で決めるしかない。

このページの先頭へ