スポーツ

自分がどんな状況に置かれても、自分自身の役割だったり、貢献できると思ってやってきたことは変わらないし、逆にそれは自分がそういう時期があったからこそ、今、感じられることも多い。
ここで終わるわけではないですし、サッカー人生は続いていく、みんなで顔を上げて頑張っていきたいなと思います。
厳しい状況の中でも、しっかりとサッカーができていた。傑出した選手はいないけれど、チームがひとつにまとまってやれば、いいサッカーができることがわかりました。
きついときほど、笑っていようかなと思います。
カンとは、頭の働きではなく、不断の練習の結果生まれるものだ。
夢をもつだけなら誰にでもできる。夢を持ち続け追いかけ続けた人こそに、扉は開かれる。
どんな強いプレーヤーに囲まれても、全員にチャンスがある。

他の名言も読む »

”誤審”は神様が俺に与えた試練なんだろうな。
たとえ今日負けても、人生は続くのさ。
自分が誇れるのは世界チャンピオンになったことじゃなくて、何度負けても立ち上がってきたこと。
誰もあなたのことを信じていないときに、自分を信じることだ。
そうすればあなたは勝つことができる。
「ごちゃごちゃしたことは考えないで、キャッチャーのサインに黙ってうなずいてミットめがけて思い切り投げる」ことだ。
自分にできる役割を見つける
“たら・れば”はやめた。
時間は前にしか進んでいかないから。
他人に勝つより、自分に勝て。
もし人生が二回あればお母さんの言う通りに高校へ行くけど、
一回しかないんだから自分の自由にさせてください。
野球は一人でプレーできない。
人間も一人で生きていけない。
身体が無意識に反応する。
能力を発揮するたった一つの方法は、成果をあげるため、
この瞬間にしなければならないことに集中することである。
ベストをつくして打てその結果がよければよし、悪ければ忘れよ。
どういうやり方で勝つか。私はそれを考えることに労力を注いだ。
何事も自分で無理だとやる前から結論を出してしまえば、それまでだ。
それ以上の成長はない。
僕はどっちかというと、いいプレーをして負けるより、ヘボいプレーしても勝つ方がいいね。
僕にはバティのパワーも、サモラーノのヘディングも、ロナウドのスピードも、マラドーナのテクニックもない。
だから練習するしかないんだ。毎日コツコツと、繰り返しでね。
僕はずっとこうやって来たんだ。
こんなに素晴らしい賞を取っても、僕は変わりません。明日は、いつもどおり練習します。
なぜならば、僕はジダンフィーゴロナウドみたいな、スーパーな選手ではないからです。
チームに貢献するため、僕には練習を積み重ねてコンディションを常に良く保つしかないのです。
9本の見事なゴールと10本の平凡なゴール、どちらを選べというなら僕は迷わず10本の方を選ぶよ。
自分にとって負けは存在しない。それは絶対にあってはならないんだ。
サッカーに古いも新しいもない。あるのは、良いサッカーと悪いサッカーだけだ。
サッカーの目的とは勝つこと。
対戦相手と試合に対しては尊敬の念を持つ必要がある。

他の名言も読む »

今日の練習は、死ぬほど辛かった。
けど、我慢できた。
なら、明日もきっと我慢できるし、強くなれる。
だから僕は、「レスラーを辞めたい」なんて思った事が無い。
自分にあのチャンスが回ってくれば…
なんて考えていると決していい結果は生まれてこない。
夜は夢を見て 昼は行動しなさい
タイトルってのは、どんなに頑張ったってひとつのチームにしか与えられない。
だからこそ意味があって、かけがえのないものなんだ。
ヒーローは大輔君(松坂大輔)で、僕は陰のヒーローでいい。
弱気は最大の敵
コートの上で的確な状況判断をする秘訣は、すごく単純なのですが、
普段の生活で正しい判断をすることです。
人に負けるな。どんな仕事をしても勝て、しかし、堂々とだ。
俺は「勝てる」とは言わない。
だけど俺は絶対に諦めることだけはしないんだ。
客を裏切りたくないんだよ俺は。
ボクみたいな選手でも、信じていればチャンスは来ることを伝えられたらいい。
喜びも悲しみも苦しみも、コートで感じたかった。よかったです。
意志あるところに道はある。

他の名言も読む »

たどり着けなかった場所を目指したい。

他の名言も読む »

横綱になるのは難しいが、務めるのはそれ以上に大変だった。
練習は裏切らなかった。

他の名言も読む »

肉体と精神を勝つという方向に向けろ。
すばらしいメッセージになると思う。
ガンから生還したばかりでなく、以前よりもいい成績を残せたのだから。
競技を始めた時でさえ、この大会に優勝でるとは思っていなかった。
僕に足りないものが、イタリアにはあると思う。それを探しに行ってきます。
魂でサッカーを愛した男を覚えておいてほしい。
手術した時、医者は社会復帰はできても野球は無理だろうという感じだった。
よくここまで復帰した。
満足しない事はスキルを上げる1番のテクニックだ。

このページの先頭へ