スポーツ

私にとってラグビーは”学校”そのものでした。
そんなに人間変わらないと思って闘うしかない。
プレイできないと死んじゃうよ。
1試合にわたって集中力を持続するには、
適度にリラックスすることが絶対に必要だと思う。
集中力が高まって最高の状態になると、まわりのものすべてがスローモーションで見えてくる。
僕の心の奥に、いつも僕にはまだ何か可能性が残っている。
それを試さずにやめるのは卑怯じゃないか。
自分自身を騙しているという気持ちがあったんだ。
上手くなるのに限界はない。
あのマラドーナでさえ、もっと上手くなれたと思う。
ピッチでボールを蹴っている瞬間に「引き分けでもいい」なんて考える選手はいない。
そんなの、無理ですね。
年齢はただの数字にすぎないんだよ。
最高の選手と戦えて嬉しいよ。
人生のすべてで負けたくない。
今まで、色んなことを達成してきたけど、いつも負けたくない、失いたくないという気持ちがあったね。
私には体力のハンデがある。
でも、だからこそ、それを補って余りある卓越したテクニックを手に入れることができたのです。
自信はある。前みたいに慎重になりすぎることはないし、思いっきり打ち合うよ。
ルールは問題ではない、俺の仕事は殴ることだから
選手の時代は一時期だけ。それより一人の女性として生きていく時間のほうが長い。
オレは人生をきれいにまとめようなんて、これっぽっちも思ってない。
世の中には現実的な夢と非現実的な夢というのがあるからね。
ハッピーさ。後悔したことなんてまったくないよ。
人間の本当の戦いというのは、我を忘れる、ということです。
我を忘れたときに、その人の本性が露呈する。
誰よりも練習する事。それが必ず自信になる。

他の名言も読む »

気がついたら、こうだったんだ。
このフォームが一番自分にナチュラルだし、フィットしている。
僕は悩んでませんから。いろいろ

他の名言も読む »

自分がどんなにダメか、どれだけチームに迷惑をかけているか、
誰も自分には教えてくれない。
だから自分で決めるしかない。
誰かが最初にやるから前例となるし、道もできる。
非難されるからと、何もやらなかったら、自分は向上しない。
僕はいつだって、強くなればなるほど、一生懸命やればやるほど、向上する部分はさらに広がるものだと思っている。
波に乗っているときは、勢いに身を任せることだ。
甘えが大敵。ここまでよくやってきた、なんてちょっとでも自分に妥協したら駄目なんだ。
このままじゃ、僕は大切なものを失ってしまう。
誰かに話したら楽になるかもしれない。誰かにそばにいてほしい。でも、そんな安らぎはウソだと思うんです。
できないことは言わない主義。
敵の弱点をつくより、まず強い球で投げればいい。
直されたらまた新しい癖をみつけたらええんやから。
どのポイントもみな大事。
全力を尽くそう、全力を尽くそうと、
自分に言い聞かせながら、プレイした。
“一番”というよりも”唯一”という言葉のほうが、
僕の人生では大切な位置を占めてきたような気がする。
勘違いしないでほしいのは、僕にだけその才能があるってことじゃない。誰にでも才能はあって、可能性は限りないんだ。
とにかく僕は若くて、頭の柔らかいうちに、いろいろな経験をしてみたいという気持ちが強いんです。
自分のことはすべて自分で決めなくてはならない。
本当の奇跡というものがどんなものかを知ることになるんだ。

他の名言も読む »

集中力はどこから生まれるのか。
僕は、自分の経験から、自信と考える。
俺はずっと汚れ仕事をやらされてきたけど、そんなこと気にしてねぇよ。
巨人軍は、巨人軍独特の何人も侵すことのできない聖域があります。
時代という背景にですね、合った競技というのが、あると思うんです。
飛行機や電車は俺が乗らなくても出発してしまうが、野球の試合はそうじゃない。
俺がマウンドに立って投球を始めなければ、何も始まらないんだ。
まだ完全に信頼されてるわけじゃないのか。
俺のほうが成績が上なのに、セ・リーグのほうが給料が上なのがたまらなかった。
私にとって、背番号10番というのは特別な意味を持っています。
俺は自分のことを個人として見すぎていた。
一流になれ、そうすればものが言える。

他の名言も読む »

本当のプレッシャーは、ゴール前やピッチにはない。

他の名言も読む »

プレッシャーがかかる分だけ、いい結果が出せる。

このページの先頭へ