スポーツ

やるだけのことやったら、何も言われへんから。

他の名言も読む »

俺たちは記録で勝負するしかない。
私は意識して”世界一”という言葉を使った。男なら、期待が大きければ大きいほどやりがいを感じるものだからだ。
プライドのあるチームは、プライドのないチームよりも良いプレーをする。

他の名言も読む »

これははじまりにすぎない。
子どものとき、砂いじりやトランプに時間を忘れて夢中になったよね。あれとまったく同じことなんだよ。
注目してくれる人がいるかぎりは、もっとスキーを続けなくてはいけないと思う。
野球場は私にとって神聖な職場だ。バットも神聖である。
簡単にわかられるような選手にはなりたくない。
マラソンには勝負のポイントがある。つまりチャンスをつかめるかどうか。
一度でいいから優勝したいと思っていた。
勝負の世界に実績は無言の説得力です。
本当に強いやつと戦うのは、世界に挑戦する前に一度くらいでいい。
自分でできることを自分なりに一生懸命やってきた。ただそれだけですよ。

他の名言も読む »

野球が楽しくなくなったら、止めたほうがましですよ。
良い馬に乗って、良い馬の感覚を自分の肌で感じることが大事なんです。
ここまで来られたのも、ボクシング以外に私にはできることがなかったから。
いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。
最後は自分のボクシングを貫徹できるかどうか、それだけなんだよね。
現代のF1グランプリで勝利しようと思うなら、まず冷静でなきゃいけない。
何が起きても、僕はできるだけプロに徹し、どのグランプリでも必死に戦っているつもりだ。
体力にまかせた、イマジネーションのないサッカーはしたくない。
原点をたどっていけば、すべては戦場に行き着くんです。
スポーツの基本は美しさと豪快さだと思う。
これはどんなことがあっても守らなければならない。
個人のレベルが上がらないとプロ選手とは言えない。
まず強くなきゃ。強くなってそれからでしょ。
まず、技術です。そして、その技術に達するまでの過程において、精神的なことですね。
よけいなことはせんでもよいのだ。ややこしいサインプレイなどは、社会人になってから覚えればいい。
教えることなんてできない。本人にその気がなければ、何を言っても同じですから。
才能のある若手にこそ、挫折を経験させなければならない。挫折は、その選手を成長させる最大の良薬だからである。
スポーツに自己犠牲などありえないと思う。自己を生かすことがチームーを生かすことなんだ。
進歩はフィールドの中だけにあるのではない。むしろフィールドの外のほうが大きい。
4番が負けの責任を一人で負うことで、他の選手の負担を減らせるんです。
個人の力をいかにして組織の力にまとめ上げるか。
人にもらう刺激、むかつく刺激とか、
そういうのが凄い力になっている。
他人をうらやんだり、妬んだりしますよね。そうすると心が貧しくなる。
自分のポジションをまっとうすれば他の人のことも見ることができる。そうすれば、誰かのプレイも助けることができる。
やりたいことをやってもよろしい。言いたいことは言いなさい。が、与えられたことはきっちりやらなければならない。
イマジネーションとディシプリン(規律)のバランスを取るのが監督だと思ってます。
選手のヤル気を引き出すには、感情的なものの言い方をしては絶対ダメだ。
監督として一番いけないのは、変な先入観を持つことなんですよ。
人間はその潜在能力を引き出すことで、素晴らしく変化する。
勝ったのは奇跡ではない、それだけのことをやったからです。
冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないよう。
負けることもあるんだということをわかっていれば、それが精神的なトレーニングになります。
最も大切なのは、技術を正確かつ、できる限り迅速に行うことだ。
判断は早いし、誰よりも早く、広くフィールドを見つけられる。
練習のプログラムを、試合よりも数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学んだ。
試合前にやらなくちゃいけないことを、きちんとやっただけ。
同じようなミスを何度も繰り返したら、
財産になっていないじゃないかと思われちゃいますから。

このページの先頭へ