スポーツ

特別なレースという部分に関しては、
ここで初めて何かを試すようなことがあってはいけないと思います。
100回叩くと壊れる壁があったとする。
でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、
90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

他の名言も読む »

創意工夫し、自分だけのものをつくれ。
スランプを切り抜ける途も、
やはり稽古の一道しかない。
追い込むのは自分でも本当は怖いんですけど、そういうところまでたどり着かないと、
人間の潜在能力は引き出せない。
どれだけ速い球が投げられるかどうかは本人のもって生まれた才能にかかっているが、
その他の点は練習を重ねることによってある程度まで伸びるものだと思う。
勝つためには、とにかく前に一歩でもでる。
チームが勝つために必要なことだと思ったら遠慮なんかしませんよ。
記録は目標ではない。勝つことが目標だ。
勝つ、負けるは別として大山空手は後ろは見せない。
敵は67人のランナーでなく、私自信。その戦いに勝った。

他の名言も読む »

どこかで何か違うことをしなくては勝てない。
試合する前に不要なプレッシャーと戦うハメになる。だから勝てないんだ。
どの敗北も貴重な体験だった。
チーム全員が真剣なら、勝とうが負けようが構わない。
イメージが植えつけられているから、投げなくても勝てた。
誰もがいろんな理由で負けるけれど、負けというのは簡単に癖になるものだ。

他の名言も読む »

ここまでくれば「何が何でも並びたい」
そして「何が何でも抜きたい」と自らハッパをかけて土俵に上がった。

他の名言も読む »

自信はないけど、負けるのは嫌い。
逃げてはいけないと思っているんです。
私は思い通りにできることはそうするし、できなかったらあまり気にしないようにしている。

他の名言も読む »

野球は99%精神的なものだと思う。
どんなにすごい体力を持っていても、どんなにすばらしい技術を持っていても、それらを活かしているのは心理的なものとか精神的なものなんですよ。
抜いてやる、追いつけるに決まってると思い込んでいた。たとえ思い違いでも、そういうのって大切だよね。
期待感や、目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、
僕にある種の力を与えてくれることがある。

他の名言も読む »

大事にしなきゃいけないのは、どこに投げられたかではなく、なぜそこにいったか、ということ。
なんとなくという感じで投げてしまうと、住々にして悪い結果が出ることが多い。
勝ちたいと思う意志。これは私の強みよ。
意志がとても強くないと、勝つことはできない。
自分が何をしたいかは、自分で決める。
自分の思っていることを、はっきりと言う。
それが自由だと思った。それが欲しかった。
僕は気の小さい人間。根気もないし怠け者。しかし人一倍の闘争心が怠ける心を追いやる。
記録は狙って敗れるものではない。
記録、勝負で追い込みたくない。目標に向けて前だけを見ていくつもり。
優勝できなかったら、帰りの船で飛び込んで死ぬしかない。
しかし自分は泳げる。さてどうやって死ぬか…。
障害によって失ったものより、得たもののほうが大きいと思えるの。
やっぱり反骨精神があって、長距離には負けたくない。
1日休むと2日損する。
100%稽古できないやつは試合に出る資格はない。
オリンピックの勝負は7割がメンタルな部分で、あとの3割が運。欲をなくして平常心に戻ること。
これ以上落ちないんだ、というところでホッとしました。ここから脱出することだけを考えればいいわけですから。
練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。
この三つは同じくらい大切なこと。
メンタルを管理できるようになり、練習も変わったんです。
練習で限界を超えた自分を知っておかなければ、本番では勝てない。
勝つことだけ考えろ、記録は考えるな。
最初はただの物真似でも、何度も繰り返すうちに自分の形になっていくものです。

他の名言も読む »

追っていけば追いつける。
自分がホームランを打てば勝てる。
苦しいってことは飽きるってこと。
銀メダルは負けてもらうメダルだから、学ぶことが大きい。
なんで負けたのか、その悔しい思いが「欠けて」いる部分にあるんですね。

他の名言も読む »

やっぱり、もう一回気持ちよく泳ぎたい。

このページの先頭へ