成功

最も大切なのは、技術を正確かつ、できる限り迅速に行うことだ。
判断は早いし、誰よりも早く、広くフィールドを見つけられる。
練習のプログラムを、試合よりも数倍厳しくすれば、本番が物理的にも精神的にも楽になることを学んだ。
試合前にやらなくちゃいけないことを、きちんとやっただけ。
同じようなミスを何度も繰り返したら、
財産になっていないじゃないかと思われちゃいますから。
特別なレースという部分に関しては、
ここで初めて何かを試すようなことがあってはいけないと思います。
自分を向上させることで手一杯で、他人と競っている時間がない。

他の名言も読む »

100回叩くと壊れる壁があったとする。
でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、
90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

他の名言も読む »

祈るだけでは勇気は得られない。努力を重ねつつ祈るのだ。

他の名言も読む »

創意工夫し、自分だけのものをつくれ。
スランプを切り抜ける途も、
やはり稽古の一道しかない。
追い込むのは自分でも本当は怖いんですけど、そういうところまでたどり着かないと、
人間の潜在能力は引き出せない。
僕が知っている”ドーピング”はただひとつ、努力だけだ。
どれだけ速い球が投げられるかどうかは本人のもって生まれた才能にかかっているが、
その他の点は練習を重ねることによってある程度まで伸びるものだと思う。
勝つためには、とにかく前に一歩でもでる。
チームが勝つために必要なことだと思ったら遠慮なんかしませんよ。
記録は目標ではない。勝つことが目標だ。
敵は67人のランナーでなく、私自信。その戦いに勝った。

他の名言も読む »

どこかで何か違うことをしなくては勝てない。
イメージが植えつけられているから、投げなくても勝てた。
誰もがいろんな理由で負けるけれど、負けというのは簡単に癖になるものだ。

他の名言も読む »

130試合全部勝とうと思ってたから。

他の名言も読む »

勝ちたい、勝てる、という気持ちがあるから、ここにいるんだ。

他の名言も読む »

ここまでくれば「何が何でも並びたい」
そして「何が何でも抜きたい」と自らハッパをかけて土俵に上がった。

他の名言も読む »

差を埋めるのは技術や戦術じゃない、気持ちなんだ。

他の名言も読む »

ヘイトレターを捨てずに取っておきました。
壁に貼って、ことあるごとに読み返し、なにくそ、こんなことに負けるもんかと、逆にゴルフのエネルギーへ転化したのです。

他の名言も読む »

野球は99%精神的なものだと思う。
どんなにすごい体力を持っていても、どんなにすばらしい技術を持っていても、それらを活かしているのは心理的なものとか精神的なものなんですよ。
抜いてやる、追いつけるに決まってると思い込んでいた。たとえ思い違いでも、そういうのって大切だよね。
期待感や、目的を遂げて最高の走りで最高の結果を出そうとする気持ちが、
僕にある種の力を与えてくれることがある。

他の名言も読む »

大事にしなきゃいけないのは、どこに投げられたかではなく、なぜそこにいったか、ということ。
なんとなくという感じで投げてしまうと、住々にして悪い結果が出ることが多い。
勝ちたいと思う意志。これは私の強みよ。
記録、勝負で追い込みたくない。目標に向けて前だけを見ていくつもり。
努力の成果なんて目には見えない。しかし、紙一重の薄さも重なれば本の厚さになる。

他の名言も読む »

練習で限界を超えた自分を知っておかなければ、本番では勝てない。
最初はただの物真似でも、何度も繰り返すうちに自分の形になっていくものです。

他の名言も読む »

私はほめられると弱いので、いいぞ、いいぞって言われると嬉しくてどんどんがんばっちゃうんです。

他の名言も読む »

銀メダルは負けてもらうメダルだから、学ぶことが大きい。
なんで負けたのか、その悔しい思いが「欠けて」いる部分にあるんですね。

他の名言も読む »

失敗したことのない人間は成功することもない。たゆまざる挑戦が成功につながるからだ。

他の名言も読む »

善か悪かは歴史が決める。勝てばいいんだ、勝てば。
幸運とはチャンスに対して準備が出来ているという事だ。

他の名言も読む »

自由であるべきは、心のみにあらず!!

他の名言も読む »

どんな人生でも 人は 幸せになる力を持ってると思うんだ。
頑張って駄目だった、頑張って駄目だった、二度頑張って駄目ならば…もう一度頑張ればいい
力は頭の中で生まれて育つんだ。頭でダメだと思った瞬間に、力は死ぬんだぜ。
道を知っていることと実際に歩くことは違う。
臆病は残酷性の母である。

他の名言も読む »

今日の試合が雨上がりのピッチならば、僕の左足で虹を描いてみせるよ。
征服せんがために屈する。

他の名言も読む »

このページの先頭へ