職場

我々は、絶えず線幅を細かくし、プロセスを複雑化し、ウエハーの集積度を高めている。
つまり、ひとつのチップに詰め込む機能を増やし続けている。
独自のアイデアというのはありませんでしたね。注文されたものは受け入れる、というのが私たちの考えでした。
世界が勝手に変わったんだ。僕らはたまたまその変化の真っ只中にいただけなんだよ。
ただ、それを僕が感じていたことはとても重要で、結果的に新しいことを生み出すことができたんだよ。
僕の場合は、どうしても人間の要求が先にある。
それを支えるテクノロジーを考えたときに、そのテクノロジーのリンケージが必要になってくる。
情報を取り出すのに利用する機器が何であれ、取り出される情報は同じであるべきだ。
どんな技術も悪用されうるもので、それが協力であるほどリスクも伴う。
一言で言って、電信の時代に戻ろうというアイデアでした。
世界の潮流から外れる製品をつくってしまいましたから。
基本的にコンピュータは電気仕掛けのソロバンなわけです。
日本語ワープロが登場しなければ、日本語自体の存続が危うかった。
極端な話、人気があろうがなかろうがどっちでもよかったというのが正直なところかもしれません。
成功するためには、みんながすでに知っているような種類のゲームを考えなくてはいけませんでした。
どこの酔っぱらいでもプレイできる、シンプルなゲームです。
私自身がつくったソフトウェアがコピーされて広がることがうれしかった。
複雑化した問題を扱う能力を改善できるなら、人類に著しく貢献できるだろう。それこそ自分の考えていたものではないか。
私がソフトを書くのは車や自家用機や邸宅などのハードウェアを買うためさ。
コンピュータの設計は芸術である。
新しいアーキテクチャは、必ずと言っていいほど新規の応用分野からの特異な要求を満たすべく生まれている。
すべての部品をひとつの材料からつくることができるなら、それらをみんなひとつの材料の中に入れてしまうほうが合理的なわけです。
人の代わりに機械をつくることはできない。
きみたち、いくら大問題を瞬時に計算できたところで、プログラムの設定に何日にかかっていては意味がない。
コンピュータほど社会の要請に応じてタイミングよく世に出た発明はない。
私は科学を魔術のように見せるのはいやなんです。
独創は学問といわず実業界その他あらゆる面で最高の指針だ。
発明研究は、学理に基礎を置いて、しかしてそれが経済上に利あるものでなければならない。
いくらお医者さんでも汚い病人ばかり見ているのは嫌だから、人が病気にならない研究をしよう。
研究だけをやっていたのではダメだ。それをどうやって世の中に役立てるかを考えよ。
物理学が新しい進歩をするときには、自分で攻撃しようという目標に合わせていろいろな攻撃をしてみなければならない。
人生最大の報酬は知的活動によって得られる。
私は考えなかった。ただ、探求した。
もともと1枚の新聞紙であった証拠には、断面どうしが裂け目で繋がるではないか。
私は自分の無知を、そうひどく恥ずかしがらず、わからないことについては、全然私はわからない、と白状しよう。
科学は人間の全生涯を要求するものであることを記憶してください。
いや、「発明する」ことのほうが、「発明した」ことよりもずっと面白いことだ。
敵は本能寺にあり。
科学は予期しないことが起きる。
そこで独創性が問われると思います。
技術は人が使うために開発する。
人間の心理を熟知することが必要だと思います。
実験は常に真っ当な結果をもたらしているものだ。
こんなはずはないと考えるのは、人間のほうが間違っているからだ。
幸運の神様は、常に用意された人にのみ訪れる。

他の名言も読む »

私は鳥が歌うように、絵を描きたい。
どうすれば相手が喜ぶのかということを、考えていることが大切なんです。

他の名言も読む »

叱ることは大切な教育である。叱られることが貴重な経験となるのだ。
間違ったやり方はたいへん理屈に合っているように見える。
人材を教育するのは善の大なるものなり。
植えるのは木ではない、忠誠心である。
忙しい時ほど遊ぶ
「なんでだろう」から、仕事は始まる。
自分にできる役割を見つける
人間というのは、時間が経つと迷うんです。
人間は、人間である。位や、肩書や、富など、見せかけだけの飾りではないか!
誠実な人間こそが、人間の王者なのだ!
おまえなんかいらない、と言われても、挫折感を味わう必要はない。日本的組織では、個性や才能のある人こそ切られてしまう。
掟に従えるのは、上に文句を言わない優等生的才能だ。

このページの先頭へ